infomation

【レギュラーコンサート】

♪毎月第4金曜日
hatao&nami
<やわらかな音じかん>復活しました!

■時間: 15:00〜16:30
■会場: 自然食カフェ ばんまい
大阪府池田市鉢塚3-15 
(阪急石橋駅から徒歩15分)
072-761-0064  ※予約不要です
http://teshigotoya.org/

■料金: 入場無料
チップ制 飲食のご注文をお願いします

♪毎月第4金曜日
hatao&nami <アイリッシュパブ・カプリシカ>
■時間: 21時 22時
■料金: ミュージックチャージ 300円
■会場: アイリッシュパブ・カプリシカ
兵庫県西宮市甲風園1-4-15 2F
阪急西宮北口から北西出口を経て徒歩1分
電話:0798-66-5399 

【ハープWS,教室】

♪第4木曜日timeblueワークショップ
■会場:
スタジオ&ギャラリーtime blue
天神橋筋六丁目駅12番出口から徒歩2分
06-6360-4682
■時間:
.咼ナークラス10:15 〜11:15 (60分)
⊇薺薀ラス11:30〜13:00(60〜90分)
アンサンブルクラス13:30〜15:00 (90分)
貸しハープ(300円)がありますので、ご希望の方はお早めにご予約ください
■料金:2500円
■ご予約:
namimusic12☆gmail.com
(☆を@に変えてご記入ください)
FBメッセンジャーからでもOKです
■情報をご希望の方は、FB連絡用のグループに招待させていただきます

♪第1月曜、第2水曜 
奈良県橿原市あおぞら音楽サロンにてグループレッスン  

♪自宅個人レッスン(阪急石橋駅から徒歩)
■お問合
namimusic12☆gmail.com
(☆を@に変えてご記入ください)

twitter

名古屋コンサートwith 小嶋&夏目さんデュオ 御礼

20181220_2780524.jpg

 

 

12/17は名古屋のBrasserie & Cafe Music カフェムジークさんでの2Duo’s concert ご来場ありがとうございました!

移転されて初めての本格的なコンサートと聞いていましたが、店内ゆったりしたソファーや椅子が並ぶ素敵な空間。

 

20181220_2780532.jpg

最初のステージは、ガイタのコジさんと素敵なピアニスト夏目さんの織りなす、現代のガイタのための音楽。
クラシカルでありながらも、ガイタの音が生かされた表情豊かな現代音楽、とても新鮮でした。常に新しいことに挑戦しているコジさん、受けて立つ夏目さん素晴らしい✨


そして念願の夏目さんとの共演でコジさんの曲を。とっても楽しかったです!

 

 

20181220_2780534.jpg

今回、私たちにとっては本当に久しぶりの名古屋のライブだったので、たくさんの方にお越しいただけて嬉しかったです。
チャレンジ曲も折り混ぜながら、心から楽しく弾かせていただくことができました。あまりに音に集中していたので、途中で心がどこか別の世界へ浮遊していたみたい。

 

 

最後に、コジさんと3人で渾身の新曲を披露。
ガイタももちろん素晴らしいけど、2人のローホイッスルのユニゾンに痺れました(^^)
またこの曲を弾ける機会がありますように…!

コジさんとhataoさん、性格のタイプは全然違うけど、すごく小まめで何事も「面倒」と思うことがないところ、似てるなーと思います。
海外ですごく活躍してるのに、2人とも口を揃えて「僕人見知りで…」って言うのも、信じられないのですが…。

 

打ち上げで、夏目さんともゆっくりお話しできて嬉しかった❣
ご来場下さった皆様(遠方からも!)、ムジークの路乃さん、ありがとうございました。

 

 

20181220_2780530.jpg

5:30起きの長い一日、帰路は疲れ果てて仮眠をとりつつ明け方までになんとか帰宅。
珍しく夜中の運転頑張りました。

 

 

明けて朝からシャナヒー&アンニコルリハーサル。いよいよ、レコーディング計画を話し合ったり。
試しにレコーディングも始めたのですが、さすがのクオリティで改めて聴き惚れ…
尊敬し合える仲間と音楽に取り組む楽しさを感じた1日でした。

20181220_2780528.jpg

そして、まさかのサプライズのプレゼントも頂いてしまって✨嬉しかった…!!

 

 

 

限られた時間、本気で音楽に向き合い、産み出していける仲間やパートナーというのはそうそうに簡単に出会えるものではなく、それは奇跡に近いことだと、これからも大切にしていかなければ、と改めて感じた二日間でした。

 


京都JEUGIA [Basic.]インストアライブ御礼

20181220_2780542.jpg20181220_2780544.jpg

 

12/15は、京都JEUGIA [Basic.]さんでのインストアライブでした。
噂には聞いてましたが、最近はレコードが流行っているのですね。
素敵なレコードジャケットに囲まれたステージで、簡易編成ではありましたが、欲張りの選曲で楽しく弾かせて頂くことができました。
ご来場くださった皆様、JEUGIAの皆様ありがとうございました。

可愛らしいレコードプレーヤーもいろいろ販売されていましたが、温かみのある音が好評でよく売れているとか。

私自身もどちらかというとザラッとした質感のある音が好きだし、モノとしての楽しさもあり、気になりました💕

 

20181220_2780536.jpg20181220_2780540.jpg20181220_2780538.jpg

 


明日京都にて、シャナヒーインストアライブのお知らせ

20180914_2721292.jpg

 

明日12/15(土)13:00〜14:45ごろ

 

京都のJEUGIA[Basic.]さんで、最新作『She was under the tree』発売記念ミニライブ&サイン会を開催します!

観覧自由です♫

オルガンなし、ハープのみの簡易編成になりますが、ぜひこの機会に聴きにいらしてくださいませ♫

 

 


シャナヒーCD発売記念コンサートvol.2@sutekki御礼

 

12/2はシャナヒーのCD 発売記念コンサートvol.2でした。


今回の会場は、京都桂にあるアンティークショップ sutekkiさん♫京都でのコンサートは久しぶりでした。

魔女の館をコンセプトにした、ファンタジーなお店なのですが、店主のえりこさんが、もうとっても可愛らしいセンス溢れる方で❤お店を見学したいのをぐっと我慢して、セッティングとリハーサル。

20181206_2773482.jpg20181206_2773471.jpg20181206_2773480.jpg20181206_2773474.jpg20181206_2773484.jpg20181206_2773478.jpg20181206_2773488.jpg

 

 

コンサートでは、思いのほか多くのお客様にお越し頂き、アットホームな雰囲気だったからか、私達もいつになく、ライブ感溢れる演奏になった気がします。楽しかった!

 

アンケートで「生演奏はやはり良い!」「生シャナヒー!」など、生生しい(笑)言葉が沢山書かれていたので、やはりライブにはCDとは違う、生演奏ならではの良さがあるのだなぁ…と実感しました。

 

 

Marinekkoさんが、このライブのダイジェストムービーを素敵に作ってプレゼントしてくださいました。
ありがとうございます!!

 

 

 

ステッキさん、ご来場下さった皆様、ありがとうございました!

 

 

シャナヒーは今月12/15に、再び京都でライブがあります!

4thCD発売記念インストアライブの第二弾♫
お伺いするのは、京都のJEUGIA[Basic.]さんです☆
この日は、簡易編成でお送りします。
どうぞお気軽に遊びに来てくださいね♫

 

 

 

日 程 : 2018年  12月 15日(土)

場 所 :JEUGIA[Basic.] BFフロア
京都市下京区四条通烏丸東入ル
京都フコク生命四条烏丸ビル
(大丸京都店の西側)

時 間: start 13:00〜 観覧無料

お問合 : JEUGIA[Basic.] Tel:075-221-2541(10:30〜20:30)


11,12月のコンサートスケジュール

今日はシャナヒーのCD発売記念インストアライブ(野外のキャンドルコンサートですが)です!

観覧無料!

お気軽に遊びに来てください♪

 

♪今後のライブ予定♪
シャナヒー&アンニコルのレストランコンサートのほか、
京都でシャナヒーレコ発第二弾、また、来月はhatao&nami で東京と名古屋へ行きます。ご都合あえば足をお運びいただければ嬉しいです!

 

 

 

🌲11/16(金)シャナヒーCD発売記念イベント

■枚方T-SITE「Candle Holy Night」スタートイベント
日時:2018年11月16日(金)18時00分
会場:枚方T−SITE 1F屋外
   http://real.tsite.jp/hirakata/
料金:観覧無料
問い合わせ:TEL072-861-5700(枚方T-SITE)

 

 

🌲11/20(火)
「やわらかな音じかん」

毎月第3火曜日
【時間】15時〜17時
【会場】自然食カフェ ばんまい
大阪府池田市鉢塚3-15 
(阪急石橋駅から徒歩15分)
072-761-0064  ※予約不要です
http://teshigotoya.org/

【料金】 入場無料、チップ制 飲食のご注文をお願いします

 

 

🌲11/23(金祝)シャナヒー&アンニコル
Höstskörd 〜秋の実り〜
ランチ & ディナーコンサート

 

加古川で大人気のレストラン、リストリア グランデアルベロさんとの秋の味覚&音楽 スペシャル コラボレーション!
勤労感謝の日、極上のお料理とともに、シャナヒー&アンニコルが奏でる北欧色の美しいハーモニーで、至福のひとときをお過ごしください。
インテリアも、創作的なお料理の数々も、感度の高い大変素晴らしいお店です。
ランチは極上の前菜、パスタなど。
ディナーはこだわりの和の食材を使用した、イタリアンのコースとドリンク付きという、二回公演になっております。

 

■会場: Ristoria Grande Albero リストリア グランデアルベロ
兵庫県 加古川市加古川町木村715-1
駐車場有 TEL:079-427-1066

<昼公演> マチネ
Open 12:30 / Start 13:30
¥5,000_ (パスタと前菜のランチプレート付き)
<夜公演> ソワレ
Open 17:30 / Start 18:00
¥10,000_ (限定スペシャルディナー付き)
■お問い合わせ・ご予約
shanachie.annikor@gmail.com
090-9694-1277(藤木)

20181116_2760773.jpg

 

🌲11/24京都トレドゥースイーツライブは完売しました

 

 

🌲11/25(日)hatao&nami
Till Skog 1st album "Mangata"レコ発ライブ

ハープの山中梢さん+ニッケルハルパとギターのねぎくんによる、ケルティックやノルディックの要素を取り入れたオリジナルを演奏するデュオ、Till Skogのレコ発ライブにご一緒します♪

【時間】18時開場/19時開演
【出演】Till Skog, hatao & nami
【会場】Inaoka Studio

兵庫県宝塚市山本南1-32-31
【料金】予約 2500円/当日3000円(ドリンク別)
【予約先】negikinokox@gmail.com までメールで。

20181115_2760747.jpg

 

 

🌲12/2(日)シャナヒーCD発売記念コンサートvol.2

CD発売記念コンサートvol.2は
京都・上桂にあるアンティーク雑貨店 Sutekki さんにて。
魔女の家をイメージした、とっても素敵なスペースで、ファンタジックな昼下がりコンサートです。楽しい楽器もいろいろ登場しますので、お子様も歓迎です


■会場 : 雑貨店 Sutekki 2F
     京都市西京区松尾大利町20-36
     Tel 075-874-2705
     e-mail info@sutekki-kyoto.com
■時間 : 開場 13:30 / 開演 14:00
■料金 : 前売 ¥2,500_ / 当日 ¥3,000_
    小学生 ¥1,000_ /  中高生 ¥1,500_
■出演 : Shanachie
  みどり/フィドル、ハーディングフェーレ
  Aki/パーカッション、メロディオン、グロッケン 他
  上原 奈未/ハープ、足踏みオルガン 
■ご予約・お問合せ : 上原まで
Mail : shana@bg8.so-net.ne.jp

20181117_2761340.jpg

 

 

🌲12/8(土)hatao&nami 東京コンサート

今年ラストの東京でのコンサート。感謝の気持ちを込めて、2018年のオリジナル曲や最新の曲を中心にお送りします

 

【時間】18時開場/18時半開演
【会場】千歳烏山Tubo
東京都世田谷区 南烏山6丁目8−7
【料金】予約 2500円/当日3000円(ドリンク別)
【予約先】こちらのメールフォームから件名を「12/8予約」としてお名前、人数をお書きの上、お申込みください。
http://www.irishflute.info/contact.html

 

 

🌲12/3(月)hatao&nami 「ひかりの午後」

【時間】13時00分〜13時30分 
【場所】ミュージックカフェ・アンジェス
奈良県橿原市新賀町485番地 
近鉄大阪線大和八木駅下車徒歩15分。
http://cafeanges.com/
【料金】入場無料 ランチまたはお茶のオーダーをお願いします  
【ご予約・お問い合わせ】
0744-35-4018  
info@cafeanges.com

 

 

🌲12/16(日)hatao&nami&小嶋佑樹&夏目順子
Two Duos Concert

ガイタ奏者のコジコジモヘジこと小嶋佑樹さん & 素敵なピアニスト夏目順子さんとのデュオと。
ガイタとピアノの為に書かれた作品も上演。伝統的なダンスチューンとは違ったスペインのバグパイプの魅力をお届けします。4人の共演も楽しめるスペシャルなコンサートになります!

 

【時間】18:30時開場/19時開演
【会場】Brasserie & Cafe Music カフェムジーク
名古屋市中区松原2-10-7 萬楽庵ビル1階
【料金】予約 2500円/当日3000円(ドリンク別)
【予約先】こちらのメールフォームから件名を「12/16予約」としてお名前、人数をお書きの上、お申込みください。http://www.irishflute.info/contact.html

 

20181115_2760764.jpg


ジャン・ミッシェル&イヴォン・リオウ ツアー大阪、奈良編

ジャン・ミッシェルさん&イヴォン・リオウさんのツアー大阪、奈良にご一緒しました。

 

海外アーティストが来られた時はいつもここ、近所のお屋敷がんこのランチへ!

ほぼ初めての日本食、どれも美味しく食べてくださいました

20181108_2756526.jpg

20181108_2756530.jpg

20181108_2756502.jpg

20181108_2756528.jpg

 

20181108_2756532.jpg

散策も楽しんだ後は、ハープやギターも積み込んだ私のコンテで、ぎゅうぎゅうになりながら、島之内教会のコンサートへ。

 

 

エンジニアのトモさんに音響を頼んでいたのですが、照明もできるよー!っていつも仰ってくださるので、軽い気持ちでお願いしたら、フルの照明機材とスモークまで持ち込んでくれて、(はたおさんの渾身の企画応援!?)
どこかの野外ライブのような迫力のステージになり、前日の10倍くらいのすごいエネルギーが放出されていましたトモさん、搬出のお手伝い下さった皆様ありがとうございました!

20181108_2756524.jpg

20181108_2756516.jpg

ライブの素晴らしさは皆さんが思い思いに書いてくださっているので、ここでは省略…皆さんの大満足な笑顔が印象的でした!

 

 

 

 

打ち上げは気の合う仲間で近くの本格ガレット屋へ。
ジャンさんのお喋り炸裂で愉快なひととき。

20181108_2756504.jpg


イヴォンさんは、いつもシャイで控えめながら、時々お茶目なジョークも。演奏中も笑顔を交わしてくれる優しい方です。まるで、太陽と月みたい。でもとっても仲良し💕

 

 

 

月曜は奈良の橿原市アンジェスへ。
フランス語の店名にテンション上がるジャンさん。私たちはレッスンなど仕事なので、朝から奈良公園や東大寺を散策していただいて、夕方合流。

 

途中で藤原宮跡を散策。コスモスが少し咲いていて幻想的でした。

20181108_2756506.jpg20181108_2756510.jpg

 

夜のアンジェスは昼から一転して静かで集中できる環境になり、音も響いて、雰囲気も彼らにぴったりでした。
この夜は完全生音で、はたおさんの通訳も分かりやすく、3時間にも及ぶ充実のコンサート。
3回も聴くとより曲に入り込めて個人的にもとても良かったー

お客さまのアンケートからも熱心なメッセージがたくさん。知られざるブルターニュ音楽の世界を心から楽しんでくださった様子が伝わりました。

 

20181108_2756520.jpg20181108_2756514.jpg20181108_2756512.jpg

 

彼らの音楽は伝統音楽ですが、ジャン独自の表現力の素晴らしさもあり、心が遠く持っていかれるかのよう。
伝統曲は誰かが意図して作った作品ではないけれど、心が揺すぶられる強い力、まさに芸術作品だなと感じていました。

最後のアンコールはアイリッシュでした。

 

最後のセッションはアイリッシュでした^_^

namiさん(@namiuehara)がシェアした投稿 -

 

 

三時間ものライブ後、アンジェスの平岡さんに別れを告げると、すっかり遅くなっていて、深夜に初のラーメン&ぎょうざを🍜
夜中のラーメンはなぜか美味しい💕

20181108_2756518.jpg

 

さらに運転してフラフラになって帰宅。
疲れ果て彼らこそヘトヘトだろうと思うのですが(私はもう限界…)

深夜もまだ手紙書いたりされてて…めちゃくちゃ体力があるなぁ〜と感心。

 

私のお手伝いはここまで。別れ惜しみつつ帰宅しました。

ジャンさんは私たち日本人に熱心にブルターニュのこと、その音楽のこと、音楽家のことを教えてくれようとして、たくさんのことを熱く語ってくれました。


いつ来るの?と一生懸命誘ってくださるので、なんとか今後行ける機会を作れたらいいな。

残りのツアーが盛況でありますように!


ぜひ、素晴らしい2人の音楽に触れてください!

 

この日のアンジェスランチも最高でした★

20181108_2756522.jpg

 


ジャン・ミッシェル&イヴォン・リオウ歓迎パーティー@ばんまい

11/2夜に開催されたジャン・ミッシェルさんとイヴォン・リオウさんの歓迎パーティー@ばんまい
素晴らしい時間でした

日本の伝統音楽もそれぞれ素晴らしく、こんな身近に聞くことができて感動。そして、ジャンさんたちが始まった瞬間に、もうそこはブルターニュ、ブレトンの世界へ。

本場のアーティストから発せられる音と空気感の凄さを感じました。
彼らと話していて、なぜ自分が昔からブルターニュ音楽に惹かれるかっていう理由が分かった気がする。

伝統を超えた音楽がある。ずっと気になってたことが解明したので、ますます行きたくなりました。

 

 

20181108_2756534.jpg

20181108_2756536.jpg

 

おやすみのうた

namiさん(@namiuehara)がシェアした投稿 -

 

 

namiさん(@namiuehara)がシェアした投稿 -

 

 


おとぎの森のフェス ラ・コリーヌ・テアトル

11/1は、素敵な暮らしを実現されてある山口夫妻のデュニヤマヒル第一回目のアートフェスティバル、ラ・コリーヌ・テアトル初日に参加させていただきました。

 

 

メルヘンな森の舞台で、スウェーデンの絵本作家、エルサ・ベスコフ《どんぐり坊やの冒険》をみわさんの語りと北欧ハープで。その後少しみどりさんとの演奏もさせていただきました。

木漏れ日と風と響きが心地の良い最高の舞台でした。

 

アキラさんの可愛いキャンピングカーも拝見できて大満足!ありがとうございました!

大袈裟かもしれませんが、
書ききれないので、とりあえず写真でリポート♫

この場所に出逢わせてくださった愛子さんに感謝。

 

 

20181108_2756546.jpg20181108_2756552.jpg20181108_2756548.jpg20181108_2756550.jpg

20181108_2756556.jpg20181108_2756558.jpg20181108_2756560.jpg20181108_2756562.jpg20181108_2756554.jpg20181108_2756544.jpg20181108_2756542.jpg20181108_2756540.jpg20181108_2756538.jpg

 


あらひろこさんコンサート@和歌山リュスモーネでした

あらひろこさんコンサート@和歌山リュスモーネ
極上の時間でした
運転手役で1日ご一緒させていただき、ワークショップも深く盛りだくさんな内容で、カンテレへのモチベーションが高まりました


リュスモーネに集う皆様の輪も温かくて。
田中さんのカンテレ制作への情熱もますます感じました^ ^
お会いした皆さま、ありがとうございました!

 

 

20181108_2756566.jpg20181108_2756564.jpg20181108_2756568.jpg


Jean-Michel Veillon ツアー!

この秋注目のコンサートはこちら↓

20181028_2749275.jpg20181028_2749277.jpg

 

11月2日〜11日、ブルターニュからケルト音楽の最高峰デュオが初来日!

hatao さんの今年渾身の企画がもうすぐスタートします!


アイリッシュとはまた違った、とっても魅力的で深みのある音楽の宝庫であるフランス、ブルターニュ地方の音楽はなかなか身近に触れる機会が今までになかったので、これは本当に貴重な機会だと思います。フルート奏者だけでなく、ブレトンに興味ある方全てにオススメです(最初で最後だそうです)

 

 

海外の重鎮アーティストを、個人でツアー企画するって本当に大変だなぁ…と思いますが、だからこそのレアなコンサートでもあると思います。
ぜひ、どこかに足を運びください

裏面、小さい表記ですが豪華ゲストがそれぞれのライブで登場されるようですよ!

私はhatao&nami として、11/3島之内教会でご一緒します。
難波からすぐ、集中して聴ける素敵な環境です。秋の一日にぜひお出かけください

 

 

【ケルトの伝統文化を継承するフランス北西部のブルターニュ半島には、アイルランドやスコットランドと並ぶ豊かな歌や踊りの伝統が育まれています。
そのブルターニュから、1980年代にケ伝統音楽復興の大きなムーブメントを担い今も時代の最先端を走り続けるフルート奏者ジャンミシェル・ヴェイヨンが初来日します。】

 

公演内容ホームページ 
https://celtnofue.com/about/jmv.html

 

19世紀スタイルの木製フルート(アイリッシュ・フルート)とギターのみによるシンプルな編成で聴く二人の音楽は、繊細でダイナミック、かつ光と影に富んでおり、 東洋の水墨画や書芸の世界を思わせる高い精神性をたたえています。

 

 

 

【プロフィール】
Jean-Michel Veillon ジャンミシェル・ヴェイヨン(木製フルート奏者)

フランス北ブルターニュに生まれたジャンミシェル・ヴェイヨンは、それまでブルターニュでは使われていなかった木製フルートをブルターニュにもたらし、その演奏方法を確立した革新的演奏家です。始めはアイルランドのフルート奏法に学び、その後クラシックや現代音楽、アジアの様々な笛の演奏を手本に、 独自の高度な演奏技法を習得しました。Kornogのメンバーとして知られ、今もなお世界の最高峰のフルート奏者の一人として、その功績と実力が世界的に認め

 


《11月2日(金) 大阪》
 タイトル:ウェルカムパーティ 日本の音楽との出会い
 日時:11月2日(金)18時〜21時
 場所:大阪府池田市 ばんまい 池田市鉢塚3丁目15-5
 会費:5,000円(要予約)イタリアンとドリンク付き
 ゲスト:村下正幸(篠笛・和太鼓) 芳村 直也(龍笛) 芳村 由記(笙) 西川 直樹(楽太鼓・龍笛) 日野 由梨(舞・笙) hatao & nami

 

 

《11月3日(土) 大阪》
 タイトル:ブルターニュ音楽の夜 in 大阪 
 日時:11月3日(土)17:30開場 18:00開演、20時終了
 場所:大阪市 島之内教会 大阪市中央区東心斎橋1-6-7
 http://www.shimanouchi-church.org/
 入場料:4,000円(予約) 4,500円(当日) 飲食の提供はありません
 ゲスト:hatao & nami


ケイット・ルオカラお話コンサートありがとうございました!

ケイット・ルオカラお話コンサートご来場ありがとうございました。

エルサ・ベスコフさんの絵が暖かく、みわさんの声の七変化振りがすごかったです^_^

11/1に和歌山のイベントで再演予定。

 

20181027_2748971.jpg20181027_2748973.jpg20181027_2748977.jpg20181027_2748975.jpg20181027_2748967.jpg20181027_2748969.jpg20181027_2748965.jpg


アイリッシュ・カーニバルvol.4のご案内

早くから開催決定していたアイリッシュ・カーニバルが、気がつけばもう今週末に!

詳細こちら↓


https://celtnofue.com/about/carnival.html

20181015_2741259.jpg20181015_2741261.jpg

 

4回目の開催となるアイリッシュ・カーニバルですが、このイベントのメインとなるのは、4組のライブステージで、この日のためのコラボもあったり、さまざまな見どころを用意しています。

 

 

前回盛り上がったゲストライブのコーナー、今回のスペシャルゲストは、スペインのバグパイプであるガイタ(他)の素晴らしい奏者のコジコジモヘジさんこと、小嶋佑樹さん名古屋からご登場くださいます!

 

 

 

そして、もう1つのメインはアイリッシュダンスのケーリーの時間がたっぷりあり、ケーリーダンスを見たり踊ったり、伴奏に参加することができるという点です♫

 

 

特に今回は曲を公開して、演奏に入って頂きやすく工夫していますので、ぜひ、ご一緒してください (曲目はもうすぐ公開予定)

わたしが普段関わりのあるスコティッシュダンスも、スウェーディシュダンスもそうですが、やはり音楽とダンスは一体なのだと、一体になった時の楽しさは格別なので、おすすめのコーナーです。

 

 

 

恒例の初級・中級セッションの時間は、それぞれのホストと一緒にワイワイ楽しく弾きます。

サイトに公開されてる曲目や、譜面などご覧になって、私には無理…!と敬遠されてる方

がたくさんいらっしゃるようですが💦

自分にあったスタイルで、可能な範囲で、お気軽にご参加ください♫

 

 

 

おまけ的なワンコインレッスンも、各楽器埋まってきていますが、ハープはまだまだ空いています!
アイリッシュの日なので、セッションの伴奏をしてみたいけど…という方にオススメします。

 

 

 

食事、ドリンク込みのチケットですので、ゆっくり寛いで、あちこち回りながら、一日中お楽しみ頂ける贅沢なイベントだと思います。

スペシャルゲストの登場が遅い時間になっているので、お昼間に別の用事があるという方には、ライブだけ参加ももちろん大歓迎ですよ〜😊

 

 

 

その後はお馴染みの本格セッションももちろんあります(実はここがすごかったりする)

 

 

 

それから今回はなんと韓国、台湾、中国など海外からのアイリッシュ愛好家、演奏家の方々がたくさんいらっしゃる予定です

そんな国を超えた愛好家同士の交流も、こういったイベントの最大の醍醐味だと思います^_^

 

まだ間に合いますので、ぜひ皆様のご参加お待ちしていますーー♫


9月のコンサートリポート神戸〜大阪〜奈良

9/28は、初めて神戸の東遊園地の芝生コンサートに、シャナヒーで出演しました。

20181006_2735983.jpg

やっとやっと、涼しい秋になって、最高に心地よい夕暮れ。

オープニングアクトの皆さんも最高に楽しい演奏でした!

意外にも知り合いがたくさん来てくださって、とっても嬉しかったのですが、私は終了後すぐに車に飛び乗り、アイリッシュパブ・カプリシカへ。

ぎりぎり到着すると、先ほど東遊園地に来てくださった3人方がまたいらしてくださって、びっくり。楽しい夜になりました。

 

 

翌9/29は、いつもお世話になっているノースオブジェクトさんの主催イベントで大東市へ。

気持ちの良い野外イベントの予定でしたが、台風の接近で急遽室内で。

その分、集中してコンサート形式で弾かせていただくことができました。

大東市の四條畷界隈が、ノースオブジェクトも関わる街再生プロジェクトでどんな風に生まれ変わっていかれるか、3年後が今からとても楽しみです。

20181006_2735974.jpg

 

 

 

9/30は、台風前の緊張感漂う中、昨年からちょうど1年ぶりに奈良県桜井市のAkkord Kaguyamaさんにて、これ以上はないくらい贅沢なアットホームコンサート。

オーナーの西谷さんは私のハープの生徒さんで、江戸時代から続く古民家をリノベーションされた邸宅で、それはもう感度の高い素敵な暮らしを実現されておられます。

暮らしやインテリアが昔から大好きな私は、訪れる度に舞い上がってしまいます。

20181006_2735970.jpg
いよいよ大型の台風が近づいてくるということで、開催を迷いましたが、近場のお客様を中心に予約の半分くらいのお客様がご来場くださり、幸い台風は逸れてくれて無事に開催することができました。

私たちもコンサートが続いていたので調子が良く、リラックスしていたので、途中で意識がなくなるくらい(?!)気持ち良く弾かせて頂くことができました。
オーナー自らが作ってくださいった心のこもったケーキと軽食もふるまわれ、極上の時間。

20181006_2735972.jpg

20181006_2735931.jpg

コンサート終了のご挨拶で、西谷さんの涙ぐむお姿に、音楽やコンサートへの想いが伝わり心がぎゅっと熱くなりました。

だからこそこのような温かな空間になるのだなあと。

 

実は来年早々、1/20にはシャナヒーのCD発売記念in奈良のコンサートとして、再度公演させいてただきます。

こちらはまた全然違う雰囲気になるので、楽しみです。

 

どこを切り取っても絵になります。。。

20181006_2735968.jpg

20181006_2735966.jpg

 

台風の影響もあり、この夜はこちらに宿泊させていただき、お陰で普段ではありえない程くつろいだ時間を過ごすことができました。

西谷さんご夫婦、お手伝いくださった皆様、ご来場くださった皆様。

ありがとうございました。

 

 

そしてなんと翌日はアンジェスでレギュラーのランチコンサートだったので、気が付くと4連日のツアーとなっていました。

疲れを癒してくれるアンジェスランチ、この日も最高でした♡

 

20181015_2741243.jpg


『ウサギのフェスティバルは木の上 月の下』リポート!

u-fullのゆかさん、フナハシさんが一年がかりで企画されたイベント『ウサギのフェスティバルは木の上 月の下』
皆さまお疲れ様&ありがとうございました!

20181015_2741142.jpg

 

素晴らしいホールで、最強の音響さん。
演奏していても音がとっても心地良くて、考えてみたらシャナヒー&アンニコルとしてホールで演奏するのは実は初めてかも?貴重な機会になりました。

 

 

今回u-fullさん主催ということで、普段トラッド系の人とばかり交流している私にとっては、新鮮なユニットばかり。しかも皆いろんな意味で高レベル!聞き応えのある素晴らしい演奏を、お腹いっぱいに堪能しました!

 

今回は特にアンサンブルの素晴らしさを感じることができるイベントだったと思います。
アコースティックな楽器、美しい歌声、そしてホールとのコラボレーションで、耳が終始喜んでいました💕

5組のユニットそれぞれがかなりたっぷりのプログラムで、なんと5時間のイベントだったのですが、ほとんどのお客様が最初から最後まで聞かれていて、音が心地良かったので、とても入り込めて疲れなかったとおっしゃっていました(お客様もすごい!)

 

20181015_2741146.jpg20181015_2741148.jpg

トップバッターのシャナヒー&アンニコルの後、
十一さんだけ、 聴けなかったのですが(すみません…!)、そのインパクトはお客様からも驚きと賞賛の声が。

 

 

初めて聴いたカプリスさん、演奏も音楽センスも超素敵で、心地良いサウンドに耳と心がときめきました❤︎トラッドとポップのいいとこ取りの軽やかな演奏、また聴いてみたいです

 

 

東京からのオオフジツボさんは、超絶テクニックの三人がたがぐいぐい情熱的に惹きつける、貫禄の演奏でした。どこを、どう弾いても決まってしまうという安定感は素晴らしい
活動14年目とのことですが、3人の温かな人間味が音楽をより魅力的にしているのだろうなぁと、打ち上げでお喋りさせて頂いて感じました。

 

 

そしてu-fullの登場。

20181015_2741144.jpg
冒頭のデュオのシーンでは、グッと心を持っていかれる素晴らしさでした。
ゆかさんの美しい歌はもちろんだけど、フナハシさんのギターが本当にかっこ良い
これだけでも充分な世界観なのに、チェロの奥村さん、パーカッションの良太さんとの4人なんて最強過ぎますよね。
そして、ゆかさんの歌とお喋りのギャップが…(笑)

爽やかなお二人、これからもどんどんファンを獲得していかれることと思います♪

 

 

こういう大きなイベントをするっていうのは相当の覚悟が必要で、トラブルやいろんな問題が発生するものですし、それにかかる労力たるや…いやほんと、音楽家が自ら企画するというのは本当に大変。

 

 

自分が7月に北欧イベントをやったのも、こういう事が果たして出来るのだろうか?という自分への挑戦でもありましたが、今回のような5時間という思い切ったフェス…しっかり最後まで会場一体となって楽しませる…を敢行された勇気?と行動力に脱帽しています
それはやはり、お二人が時間をかけてじっくり培ってこられた繋がりの力だと感じましたし、わたしも新たな勇気を頂けました。20181015_2741152.jpg

20181015_2741150.jpg

 

また今後も期待しています
お会いした皆さま、ありがとうございました!


10/7エストニア音楽祭・リポート!

10/7 エストニア音楽祭、台風も去り無事に開催となり、出会った皆様ありがとうございました!

 

 

あまりにも素晴らしい音楽漬けの一日だったので、こういう時は興奮冷めやらぬ間にしたためるべきかと思い、ザクッとした拙いリポートですが、書き留めておきたいと思います。(長文です!)

 

 

エストニア共和国としての独立100周年ということもあって、エストニアからの大御所アーティスト3組を含めた、ハーモニーフィールズさんの渾身のプロデュースになる大イベントでした。

昼夜、合わせて6つステージがあり、ポルカドットアコーディオンさんだけ、移動で間に合わず見逃しましたが(><)、それぞれに最高に持ち味のある素晴らしいステージで、本当に贅沢な一日になりました。

 

 

ひと口でいうと、CDとライブの違いをこれほど痛感したことは今までなかったかも。

特にエストニア勢のMari Kalkun と、Trad. Attack!の2組のステージは、CDで予め聴き馴染んでいたにも関わらず、最初の一音でノックアウト級の世界観とスケールの大きさ。
その空気感や躍動感は、これほどまでにCDでは伝わらないものなんだなぁーと思うと、悲しくなるほどでした…

20181009_2737265.jpg

 

まずは、雰囲気のあるレトロビルのホールで行われた、ヴォイスステージ。
トップバッター、北海道から踊ろうマチルダさんの登場。シャナヒー&アンニコルのみんなで、youtube で予習したりして、お会いできるを楽しみにしていましたが、イメージ通り過ぎる、なんとも自然体で気さくな方でした❤︎

そのステージは、会場中をまるっと暖かく包み込む、芯のある深い歌声、そして、ギターやハーディガーディ、ハルモニウム(もともと足踏みオルガンを愛用されてて、私のレトロオルガンにとても興味をお持ちでした)を従えて、トラッド的でもあるオリジナルな世界で素晴らしかった!

エストニアの独立の歴史を読み、あれこれ考えていたのもあって、胸や涙腺が思わずボワーっと熱くなりました。

 

 

ご本人とお話していたら、ケルトを始めヨーロッパのトラッドもお好きで、楽器のセッションをしたいんだ!と熱く語っておられたので、また関西の音楽仲間とセッションの機会を作れたら良いなぁ

20181009_2737259.jpg

 

2つ目のステージは、エストニアからMari Kalkun。
ノルウェーのSinikka のライブでも感じたことですが、カンテレやカンネルという楽器の音色は、森や自然界から生まれてきたのだなぁと、そして、シンプルな楽器だからこその、幅広い表現。
残念ながら自分の位置から姿が見えなかったので、どう演奏されてるのか分からない部分もあったのですが、たった1人とは思わせない世界観とパフォーマンスはやはり素晴らしい。

歌に関して言えば、スウェーデンやノルウェー、フィンランド、それぞれ国別の特徴がありますが、エストニアに関してはこのMariの低めのナチュラルな歌声は、いかにもエストニアらしく感じます。

 


一曲、cranberrysを彷彿とさせる曲があって、何だったか気になる…そうだ、この声の質感は(今年亡くなった)ドロレスに通じるものがあるとふと思いました。

20181009_2737255.jpg

 


3ステージ目は、シャナヒー&アンニコル。
まさかのマリの後のトリ、という重要な役どころながら、緊張感マックスの静寂の中、一丸となっての演奏。2日前のリハーサルでの涙に込められた、みわさんの音楽やメンバーへの想いの深さ、歌を休止して不安を抱えつつも、しっかりこの日に照準を合わせて復活を果たした咲さん…。
自分なんて本当に未熟で、まだまだだと痛感するとともに、みんなと出会えた奇跡にギュッと胸が熱くなりました。ほんと、みんな素晴らしい。

 

20181009_2737267.jpg

20181009_2737257.jpg20181009_2737263.jpg20181009_2737261.jpg

 

 


最後に、マリの提案で、「でたでた月が」のお馴染みの童謡を、エストニア感溢れるアレンジで(?!)コラボ演奏。
途中でマチルダさんが即興で登場してくれて、微笑ましくて楽しい一幕になりました。

一旦終了、撤収し、場所を移して次はジーベッグホールへ。
会場は満員のお客様でフェス感満載!

 

 

私たちが会場入りすると、
シベリアンニュースペーパーのファンの結束力と愛をひしひし感じる2ステージ目が始まりました。知名度も高いシベリアンの皆さんのこなれたステージ。思わず立ち上がって体を揺らすファン。
個人的には、この後登場するTrad. Attack!との対比がとても面白いと感じたのですが、なんというか、とても日本人らしさを感じました。

 

 

そしていよいよ、Trad. Attack!が登場。
その前の、多数のシベリアンファンの方々の盛り上がりのお陰で会場の雰囲気も良かったのですが、そんな事関係ないとばかりに始まったガツンとした一曲目の衝撃!

 

 

Sandraはバグパイプ、口琴、柳の笛、ローホイッスルから、なんとも効果的なグロッケンまで、たくさんの楽器を演奏して、そのインパクトは衝撃的でしたが、彼女とJalmarの歌は圧巻の一言。早退予定だった信希ちゃんも、ついつい最後まで粘る(笑)素晴らしいステージ。ヤルマルの偉大な曽祖母の歌う伝承歌とのコラボなど、奇想天外さはエストニアらしい気がします。

 

 

エストニアは実はIT産業の国とも言われ、世界最先端の電子政府を擁しているとのことですが、それと関係あるのかないのか、音楽に関しても、感度の高さ、新しさがすごいなあと以前から感じて来ました。
歴史や豊かな自然と共存する新しさ。

 

 

日本人の音楽は、どうしても人間臭さ(良くも悪くも)がある気がするのですが、
エストニアの音楽のちょっと人間離れした感じは、静と動の、まるで正反対とも言えるマリ・カルクンと、トラッドアタックの両方に通じるものでした。

伝承音楽というのは、誰かが頭で考えたり、受けを狙って作ったりするような商業的な音楽とは一線を画し、何か意図があるのではなく、ただただ自然の営みの中から生まれてきた音楽であり歌であり、だからこそ、その中に魂の叫びのようなものを感じ、永遠の不可思議な魅力を放つのだと感じます。

 

 

ちなみに、全ライブが終わった後に呼ばれて、舞台の上へ駆け上がったのですが、クールでイカツく宇宙人のように(すみません💦)見えたSandraさんが、至近距離であまりに可愛いお姿だったので、びっくりしました❤︎

 

 

そんなこんなの感じたことを徒然に書きましたが、そういえば5月のヨーラン・モンソンの6人編成のライブもまた、今年の1・2を争う素晴らしいコンサートでした。

あの時もリポートを書きたいと思いながら多忙にまみれて書けず仕舞いで気になっていましたが、ハーモニーフィールズの企画はいつもハンパない情熱で妥協がなく、やはり素晴らしいものばかり!これからも見逃せないと改めて感じました!

 

 

関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。このような機会をくださり、心からの感謝を。
そして、これからも期待しています!

 

 

そういえば、この7日は、シャナヒーの4thCDの全国発売の日だったのですが、すっかり忘れておりました。。。。

こちらもぼちぼち気長に、宜しくお願いします!

 

(写真メタカンパニーさんからいくつかお借りしました)

 

 

ジーベッグホールにて↓

20181009_2737253.jpg


<< | 3/37PAGES | >>