infomation

【レギュラーコンサート】

♪毎月第4金曜日
hatao&nami
<やわらかな音じかん>復活しました!

■時間: 15:00〜16:30
■会場: 自然食カフェ ばんまい
大阪府池田市鉢塚3-15 
(阪急石橋駅から徒歩15分)
072-761-0064  ※予約不要です
http://teshigotoya.org/

■料金: 入場無料
チップ制 飲食のご注文をお願いします

♪毎月第4金曜日
hatao&nami <アイリッシュパブ・カプリシカ>
■時間: 21時 22時
■料金: ミュージックチャージ 300円
■会場: アイリッシュパブ・カプリシカ
兵庫県西宮市甲風園1-4-15 2F
阪急西宮北口から北西出口を経て徒歩1分
電話:0798-66-5399 

【ハープWS,教室】

♪第4木曜日timeblueワークショップ
■会場:
スタジオ&ギャラリーtime blue
天神橋筋六丁目駅12番出口から徒歩2分
06-6360-4682
■時間:
.咼ナークラス10:15 〜11:15 (60分)
⊇薺薀ラス11:30〜13:00(60〜90分)
アンサンブルクラス13:30〜15:00 (90分)
貸しハープ(300円)がありますので、ご希望の方はお早めにご予約ください
■料金:2500円
■ご予約:
namimusic12☆gmail.com
(☆を@に変えてご記入ください)
FBメッセンジャーからでもOKです
■情報をご希望の方は、FB連絡用のグループに招待させていただきます

♪第1月曜、第2水曜 
奈良県橿原市あおぞら音楽サロンにてグループレッスン  

♪自宅個人レッスン(阪急石橋駅から徒歩)
■お問合
namimusic12☆gmail.com
(☆を@に変えてご記入ください)

twitter

北海道ツアー記♪

北海道ツアーから帰ってきて、もう3日が経ってしまいました…!

忘れないうちに大切な思い出を振り返り。
最後の最後までびっくり印象的な旅となりましたので、長文ですが、徒然なるまましたためてみました。

 

 

今回、道東の弟子屈まで訪れたのは、以前から私たちのコンサートに足を運んでくださったり、コンサートを企画してくださっていたOご夫妻が、3年前に北海道の弟子屈へ人生の住処を移されて、それからずっと、コンサートをして欲しいと誘ってくださっていたことがきっかけでした。

それから、三年ぶりに札幌であらひろこさんとジョイントコンサートをさせていただけることになり、今回のツアーを企画しました。

伊丹空港までハープと荷物を運ぶのに汗だくになりましたが、さすが北海道は涼しい〜

現地集合で釧路入り✨いきなり足元に鮭!そして熊!!


Oさんが大きな車で迎えに来て下さって、オススメのオーベルジュ、すばるさんへ。


いきなり素晴らしいディナーと温泉をご夫妻と一緒に楽しんで、ツアーの始まり。

羊に警戒されるhataoさん♪

蝦夷リスを見ながらの朝ごはん♪可愛らしくて目が離せません!


Oさんのブログにその日の詳細(ツアーの様子も毎日)がアップされています
https://blog.goo.ne.jp/d…/e/b7871fb267cdde3eb4aab9857de84ff2

 

実は、準備期間は短かったのですが、美留和小学校さんが、授業として私たちのミニコンサートを企画してくださっていて、翌日は早朝から学校入り。

7人のかわいい子供達のほかに、町内の方々がたくさん来てくださって、楽しい時間になりました。児童たちとの共演曲が、なんと、奈良在住のリコーダー奏者、北村先生の笛星人💚
皆さんすごく上手で感動的な1シーンに!

 

この日の出来事はOさん日記もご参照ください https://blog.goo.ne.jp/daisuke1103/d/20190706

 

その後、Oさんよりカヌー体験をプレゼントしていただき、天国のような素晴らしい時間を過ごすことができました。

 

途中のカヌー上Fikaにも大感激…😢

鏡の間 #弟子屈 #カヌー

namiさん(@namiuehara)がシェアした投稿 -


基本引きこもりなので、ここに来なかったら、一生こんなことは体験できなかったに違いない…感謝しかありません。
乗せてくださったツッチーさんは、なんと夜のコンサートに聞きに来てくださって、なんて温かな人の輪。。。😢

 

 

 

続いて、ランチタイムに素敵なすずめ食堂さんに連れていただきました。


私好みのテイストのお店でお食事も最高!思わずパチリ。こんなお店、近くにあったら良いのになぁ。。。

 

 

そしていよいよコンサート会場のつじや食堂さんへ。
これがまたおしゃれなアンティーク雑貨の宝庫で、目がウロウロ奪われてしまいます。


ライブもよくされているそうで、雰囲気抜群。キャパもちょうど良くてぴったりの会場でした。今回、Oさんが飛び入りで当たってくださったのですが、CD聴いて即OKをくださったとか。

 

夜のコンサートは町の方々だけでなく、ずっとSnsだけで繋がっていた方々も遠くから来てくださったりして、たくさんお集まりくださって、とても嬉しかったです。
「最高のライブにしてくださいね!」というOさんからのプレッシャーに負けず、演奏もがんばりました(笑)

ライブ後の打ち上げでは、定番のスープカレーも💕


そして、つじやさんのお話を伺って、人のつながりにびっくり。アイリッシュ音楽にも造詣深い方だったのです。

 

 

翌日は素敵なお宿、すばるさんのご夫妻に別れを告げて、札幌へ…
その前にあちこち連れてくださいました。

幻想的な摩周湖、屈斜路湖、たくさんの白樺やリスや大自然に感激して、無理に北欧へ行かなくても、北海道でいいんじゃ…と思うほど。

 

摩周湖!

namiさん(@namiuehara)がシェアした投稿 -

 

弟子屈から札幌へ続く風景

namiさん(@namiuehara)がシェアした投稿 -

 

 

温泉も楽しんだあとは予定通り夜に札幌入りして、池野ハープ工房さんを訪ねました。

 


初めてお会いする池野さんは、ストレートにご自身のいろんな話やお気持ちを聞かせてくださり、またまた、人の繋がりにびっくりしたり。
お会いできてよかったです。

ハープやカンテレの型紙!

 

 

その楽器が最高の音を出せる形、デザインにこだわってハープを作られておられ、そういう視点で考えたことがなかったので、勉強になりました。日本でオーダーメイドに対応してくださる製作家がいらっしゃるなんて貴重ですよね。

 

 

ここでhataoさんは法事を控えたご実家へ帰り、しばしのお別れ。

 


翌朝は、カンテレ&ハープ友達の真理さんのお宅を訪ねました。フィンランド繋がりのちえさんも来てくださっていて、もう話したいことがてんこ盛り(笑)


フィンランド音楽や言葉に造詣深いお二人と好きなことを話している時間の濃さに幸せいっぱいでした。

そして、美味しいランチもご用意くださって感謝💓さすが北海道はベリーが日常にあって、素敵です。

 

 

 

最後に少し楽器も弾いてワイワイ楽しませていただいたあと、後ろ髪惹かれながら一旦お別れし、今度は、スウェーデン歌のコンテストが行われている会場へgo!
こちらは、以前もお世話になった事のあるスウェーデン協会さんが主催のイベント。立派な会場で華やかに行われていました♫(写真がない💦)
7組の出演で、やはりスウェーデンといえばアバ率高めでしたが、julの歌nu tändas tusen juleljus が聴けて歌詞カードまで頂けてしまいました。


ハートフルな歌を数曲楽しんだあとは、ラストが心残りでしたが、会場を後にして次のAMICAへ。

 

 

 

あらさんとの再会、そして、この日の午後、奇遇にも同じ会場でイベントをされていたコストマリー事務局さんとも久しぶりにお会いでき、私たちのコンサートにもご参加くださり感謝✨

 

思いがけずたくさんのお客様がおいでくださり、あらさんの演奏がスタート。

いつもながらコンサートカンテレの音色にあった曲のアレンジ、その世界観、いつも勉強になります。

 

 

今回はCM関係でお世話になったロイズチョコレートさんからアイラ島のスコッチウイスキー味のチョコレートが振る舞われ、映像作家のBさんもお越しくださり、和やかな雰囲気に。

後半、私たちもたくさんの曲を弾かせていただき、終了後は打ち上げまで会場でゆっくりさせていただくことができました。(なんと日をまたぐまで!)

 

残ってくださった皆様と♪


いつのまにか楽器が出てきて(笑)みんなで弾いている瞬間、しみじみ幸せを感じます。

 

お忙しい日々の中、足を運んで下さった皆様、アミカさん、本当にありがとうございました✨

 


あらさんのRAUMA の新譜もget💓頂いた素敵なプレゼントと一緒に💓

 

翌朝、空港までも、私たちを連れてくださったOさんといよいよ別れ。

 


これでもう旅は終わりかと思われたのですが、最後にびっくりするようなことが起こりました。
旅って面白いですね!

 

 

空港のカウンターで並んでいると、私のハープを見て声をかけて下さった方が。
なんとその方は、戦後、初めて日本にアイリッシュハープを持ち込んだという雨田光示さんの息子さんとのこと。
雨田光示さんはハープ界では大変有名な方で、私の最初のハープの先生も確か門下生だったし、さらに母校にいらしたチェリスト雨田先生の弟さん。。
記憶がいろいろ繋がって、びっくり仰天でした。

 

 

現在日本では、ケルト音楽でハープが大変人気だとお話ししたところ、そうなのですね!知らなかった、それはとても嬉しいことだと喜ばれて、お父様が帰国後、材木屋だった青山さん(青山楽器製作所)と組んで、アイリッシュハープの普及のために人生を捧げて来られた話、またご家族の話も興味深くて、すっかり舞い上がってしまいました。

 

 

けれど、自分たちの番が来た時、急にハープのカートを置き忘れて来たことに気がつき、慌てふためいて探しに走るも、すでに回収されていて見当たらず、もう時間もないし、どうしよう〜〜と焦っていると、さっき別れたはずの雨田さんが、インフォメーションへ行って見つけたと知らせてくださり、時間ギリギリまで気にかけ助けてくださったのでした。

見ず知らずの私のためにしていただいた親切が骨身に沁み、後半の人生、生き方が変わるんじゃないかと思うくらい感動したのでした。。。。

 

いやはや、家に帰るまでが遠足、ぼーっとしてる自分を大反省(その後も更に忘れ物しかけたし…)

 

そんなこんなで、Nさん(from金沢)に空港で是非食べてね♫と勧められていた、きもとや?のソフトクリームも、ハスカップのソルベ?も食べられなかったのですが、搭乗寸前にミルクソフト食べて、満足…やっとホッと落ち着いたのでした。

 

 

帰宅後は一瞬にして慌ただしい日常に戻りましたが、3日経ってようやくRAUMAのサリーガーデンを部屋でゆっくり聴きながら、北海道の思い出を回想。カンテレの音が心に染み渡ります。。。

 

 

今回の旅の中で、Oさん夫妻の生き方を改めて知り、いっぱいお話したこと、今後の生き方の指針になった気がします。

長文お読みくださった方、ありがとうございました!

 

 

 

※追記
書き漏れましたが、雨田さんご自身は世界で活躍する写真家さんでいらっしゃいました。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.namiuehara.com/trackback/1071361
トラックバック