infomation

【レギュラーコンサート】

♪毎月第1月曜日
hatao&nami <ひかりの午後>
■時間: 13時00分〜13時30分  
■会場: ミュージックカフェ・アンジェス
奈良県橿原市新賀町485番地 近鉄大阪線大和八木駅下車徒歩15分。  
http://cafeanges.com/
■料金:無料 ランチなどのご予約をお願いします
■ご予約 : 0744-35-4018 アンジェス

♪毎月第3火曜日
hatao&nami <やわらかな音じかん>
■時間: 15:00〜16:30
■会場: ばんまい「静かな森の音じかん」
大阪府池田市鉢塚3-15
(阪急石橋駅から徒歩15分)072-761-0064 
http://teshigotoya.org/
■ご予約 : 不要
■料金: 入場無料、チップ制
飲食のご注文をお願いします

♪毎月第4金曜日
hatao&nami <アイリッシュパブ・カプリシカ>
■時間: 21時 22時
■料金: ミュージックチャージ 300円
■会場: アイリッシュパブ・カプリシカ
兵庫県西宮市甲風園1-4-15 2F
阪急西宮北口から北西出口を経て徒歩1分
電話:0798-66-5399 

【ハープWS,教室】

♪第4木曜日timeblueワークショップ
■会場: スタジオ&ギャラリーtime blue
天神橋筋六丁目駅12番出口から徒歩2分
06-6360-4682
■時間:
…興蘓桓團ラス10:00 〜11:00 (60分)
⊇蘓桓團ラス11:00〜12:30(90分)
アンサンブルクラス13:30〜15:00 (90分)
それぞれに4台の貸しハープ(300円)がありますので、ご希望の方はお早めにご予約ください
■料金:↓2500円2000円
■ご予約 :shana☆bg8.so-net.ne.jp
(☆を@に変えてご記入ください)
FBメッセンジャーからでもOKです
■情報をご希望の方は、FB連絡用のグループに招待させていただきます

♪第1月曜日 奈良県橿原市にてコンサートの前後に個人レッスン
♪第2水曜日 奈良県橿原市あおぞら音楽サロンにてグループレッスン  
♪箕面市自宅にて個人レッスン(阪急石橋駅から徒歩14分)
■お問合:shana☆bg8.so-net.ne.jp
(☆を@に変えてご記入ください)

twitter

シャナヒー4th CD She was under the tree 曲解説♪

20180914_2721292.jpg

CD会社の方に、それぞれの曲のエピソードを教えてほしいと言われたので、そうだ、そういうのを書かなくては!と思いたち、自分なりに書いてみました♪

 

1. オロフと人魚        

Swedish Folk Song 

スウェーデンのバグパイプであるセックピーパの曲としても親しまれているが、物語歌のバージョンでも有名な曲。人魚が人間の男性に恋をして海の中へ誘惑するというストーリー。   

 

2. お母さんのワルツ        

Norwegian Dance Tune 

ノルウェーに伝わる美しいワルツをアレンジ。  

 

3. タピオの森の行進         

Swedish Dance Tune 

キッズコンサートの入場曲として生まれた曲。タピオは森の精霊の王。大きな太鼓、ボンボを叩きながら森の生き物たちが行進する。カンランのトリタニタツシさんによるハーディガーディの音が、ユーモラスな味付けに。  

 

4. 銀の鈴        

Nami Uehara 

長い活動の中、それぞれの人生、色々な事が起こるけれど、こうして今、一緒に奏でる事ができる仲間がいる喜び、幸せ。 

最近はシャナヒー&アンニコルでも定番の曲。
 

 

5. ソレロン島のロングダンス         

Swedish Dance Tune 

広く親しまれているロングダンスを、極夜を思わせるようなシャナヒーらしいアレンジで。  

実はLjusの時にレコーディングしたが、収録されなかった幻の音源。

 

6. 鎮める森       

Swedish Dance Tune 

夜の帳が森を包み、耳を澄ませば、生き物たちの息遣いが聴こえる。  

ウッドベースはウミネコ楽団の新井洋平さん。

 

7. 熊と女の子の踊り       

Swedish & Norwegian Dance Tunes 

フィンランド人は熊と少女の結婚によって生まれたとの言い伝えがある。 他人同士だった熊と少女がふとした出会いから仲良くなる、というシーンのためにアレンジした曲。 3つのダンス曲のセットになっており、hataoさんのバスリコーダーでの結婚行進曲から始まり、後半はマリンバが大活躍。  

 

8. 機械仕掛けのポエティカ          

Nami Uehara 

ゼンマイ仕掛けの人形に、命が吹き込まれ、生き生きと動き出し、喜びに溢れながら駆け回る。  

ゼンマイ音はラチェットというフランスの楽器。

 

9. 聖夜、神がお生まれになった        

Finnish Folk Song 

フィンランドの人気バンド、ヴァルティナのメンバーでもある、カロリーナ・カンテリネンの来日コンサートで共演した思い出の曲。 フィンランドらしい5拍子リズムが特徴的で、シンプルながらとても美しい曲。 

 

10. セクスドレガのポロネーズ         

Swedish Dance Tune 

スウェーデン南部のセクスドレガ地方のポロネーズ(ポルスカ)をアレンジ。 

シャナヒーでは長く演奏してきた定番曲。

 

11. 彼女は木の下にいた         

Nami Uehara 

「眠りの森の女の子」のイベントのテーマ曲として作曲し、今回のCDのタイトル曲。

ジャケット画のモチーフにもなっている。

光を失くした森の中を彷徨い、最後に星を見つけて森に光が戻る物語。そんな夢を見ながらいつの間にか木の下で眠っている…

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.namiuehara.com/trackback/1071313
トラックバック