infomation

【レギュラーコンサート】

♪毎月第4金曜日
hatao&nami
<やわらかな音じかん>復活しました!

■時間: 15:00〜16:30
■会場: 自然食カフェ ばんまい
大阪府池田市鉢塚3-15 
(阪急石橋駅から徒歩15分)
072-761-0064  ※予約不要です
http://teshigotoya.org/

■料金: 入場無料
チップ制 飲食のご注文をお願いします

♪毎月第4金曜日
hatao&nami <アイリッシュパブ・カプリシカ>
■時間: 21時 22時
■料金: ミュージックチャージ 300円
■会場: アイリッシュパブ・カプリシカ
兵庫県西宮市甲風園1-4-15 2F
阪急西宮北口から北西出口を経て徒歩1分
電話:0798-66-5399 

【ハープWS,教室】

♪第4木曜日timeblueワークショップ
■会場:
スタジオ&ギャラリーtime blue
天神橋筋六丁目駅12番出口から徒歩2分
06-6360-4682
■時間:
.咼ナークラス10:15 〜11:15 (60分)
⊇薺薀ラス11:30〜13:00(60〜90分)
アンサンブルクラス13:30〜15:00 (90分)
貸しハープ(300円)がありますので、ご希望の方はお早めにご予約ください
■料金:2500円
■ご予約:
namimusic12☆gmail.com
(☆を@に変えてご記入ください)
FBメッセンジャーからでもOKです
■情報をご希望の方は、FB連絡用のグループに招待させていただきます

♪第1月曜、第2水曜 
奈良県橿原市あおぞら音楽サロンにてグループレッスン  

♪自宅個人レッスン(阪急石橋駅から徒歩)
■お問合
namimusic12☆gmail.com
(☆を@に変えてご記入ください)

twitter

石見銀山・群言堂を訪れて

年を越す前に、書きたくてまだ書けてなかった話を。。
 

平成元年から20年間、60歳で亡くなるまで営まれた母の手芸店で、母が好んで取り扱っていたハンドメイドのブランドがBURA HOUSEでした。
このブランドは島根県の石見銀山のふもとの大森町というところで作られているのだと、ある時、母が私に説明してくれました。
展示会の案内はいつも趣向が凝らされたお洒落なもので、展示会の行われる石見銀山の地図を見ながら、母は、いつかここに行ってみたいと言って、案内状を大切にとっていたのを今でも覚えています。
 

母の店はなくなりましたが、5、6年ほど前のある日、hataoさんが「奈未さんにお土産!」と言ってプレゼントしてくれたのが、「群言堂の根のある暮らし―しあわせな田舎石見銀山から」という、松葉登美さんの本でした。
 

読んでいるうちに、これは母の言っていた石見銀山のあのお店の話だと分かり、偶然のことに驚いたのですが、さらに驚いたのが、hataoさんは学生時代の 自転車旅行の際に、この地で行き倒れ、たまたま通りがかって救ってくれたのが、この松葉登美さんだった、それ以来、hataoさんが創設した立命館大の サークル、出前ちんどんの合宿の地として長く交流を続けてきたのだということでした。
(今年も40人余りの学生が訪ねたそうです)
 

本の中に、hataoさんのエピソードも登場していて、何度となくここを訪れたhataoさんから、登美さんやこの群言堂の活動の素晴らしさを聞いてきたので、いつかチャンスがあれば行ってみたいと願っていました。
 

群言堂は、松葉夫妻が島根の過疎が進む町に根を張って、抜きに出たセンスを持ち味に都会へ優れた商品を提案し、地元に雇用を生み出している企業です。今で こそ、百貨店にも出店する有名ブランドに発展しましたが、そこへ至る苦労話を読むと、揺るぎない信念を持ったご夫婦の強さを感じます。
 

また、地元大森町では、取り壊される寸前のような古民家を自分たちの手で素敵にリノベーションし、手掛けた家はもう9件目だとか。
実は3年前に東京ツアーへ行った際、たまたま立ち寄った西荻窪の古民家カフェがあまりに素敵で感激したのですが、そのカフェも登美さんたちの手掛けた「Re:gendo(りげんどう)」だと分かり驚いたのでした。
http://re-gendo.jp

 

そんな中、11月に山陰アイルランド協会からの依頼を頂き、初めて島根県へ訪れることになったので、松江から一時間半の道のりもなんのその、松江入りする前にこの大森町へ向かうことにしました。

IMG_4812.jpg

IMG_0215.jpg

連休の初日でしたが人通りは少なめで、今まで見た何処よりも古い日本の街並みが美しく感じられました。

車を走らせながら、hataoさんが「今回は登美さんにアポイントとっていないから、会うのは無理だろうなあ」と言いったその直後に、なんと登美さんその人が、自転車をこぎながら、車の脇を通り過ぎて行ったのでした!
 

登美さんは通り過ぎてしまいましたので、まずは群言堂のメインの素敵なカフェに入り、ランチを。
母と祖母も来たかっただろうなぁ、連れてきてあげられたらよかったと…考えた瞬間にもう、涙が溢れてしまって大変でした。
 

その後、お店の方に声を掛けると、登美さんに連絡をとってくださり、忙しい方なのでご挨拶だけ…と思っていたら、いろいろな所へ案内してくださって、もうもう、感激でした。
 

特に本の中でも紹介されている、10年かけて改装したという阿部家の邸宅は、どこを切り取っても完成された美しさで、本当に素敵でした。
現在は1日に2組(だったかな?)限定の宿になっているそう。最高の贅沢かも。
外からは想像もつかない広くてモダンな事務所も見学させていただきました。
 

古い物を再生する、というのは人生のライフワークだそうで、まだまだ現在進行形なのだとか。そこにものすごく共感し、私自身、音楽を通して少しでもそのよ うな生き方をしたいと願っているのですが、登美さんの「もう従業員が100人にもなってしまった…」という重責が滲み出たひとことや、商売と文化を両立さ せるのは、なかなか厳しいことだと仰ったのが印象的でした。
 

それでも、やはり本当に価値あるものを人は見逃さず、集まるのだと感じるし、そう信じていきたいです。
 

貴重な時間を過ごしているうちに日は落ち、ひっそりと静かに佇む古い町並みは、別世界のようでした。
急いで大森町を後にし、一路松江へ。山陰アイルランド協会の皆様が迎えてくださる歓迎会へと向かいました。
 

翌日のワークショップからライブ、島根の皆様との交流、小泉八雲を訪ねた話も書きたい事いっぱい、こちらはまた別のページに。
 

写真のフクロウのポーチは、昔母から譲ってもらって、今でも使っているBura Houseのもの。思い出と共に、擦り切れてもずっと大切に使い続けるんだろうなと思います。
 

*FBのhatao&namiのページに、群言堂を訪ねてというアルバムを作り、他の写真もまとめてアップしています。


IMG_4738.jpg

IMG_5895.jpg
IMG_2281.jpgIMG_3225.jpg
IMG_1992.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.namiuehara.com/trackback/1071164
トラックバック