infomation

【レギュラーコンサート】

♪毎月第4金曜日
hatao&nami
<やわらかな音じかん>復活しました!

■時間: 15:00〜16:30
■会場: 自然食カフェ ばんまい
大阪府池田市鉢塚3-15 
(阪急石橋駅から徒歩15分)
072-761-0064  ※予約不要です
http://teshigotoya.org/

■料金: 入場無料
チップ制 飲食のご注文をお願いします

♪毎月第4金曜日
hatao&nami <アイリッシュパブ・カプリシカ>
■時間: 21時 22時
■料金: ミュージックチャージ 300円
■会場: アイリッシュパブ・カプリシカ
兵庫県西宮市甲風園1-4-15 2F
阪急西宮北口から北西出口を経て徒歩1分
電話:0798-66-5399 

【ハープWS,教室】

♪第4木曜日timeblueワークショップ
■会場:
スタジオ&ギャラリーtime blue
天神橋筋六丁目駅12番出口から徒歩2分
06-6360-4682
■時間:
.咼ナークラス10:15 〜11:15 (60分)
⊇薺薀ラス11:30〜13:00(60〜90分)
アンサンブルクラス13:30〜15:00 (90分)
貸しハープ(300円)がありますので、ご希望の方はお早めにご予約ください
■料金:2500円
■ご予約:
namimusic12☆gmail.com
(☆を@に変えてご記入ください)
FBメッセンジャーからでもOKです
■情報をご希望の方は、FB連絡用のグループに招待させていただきます

♪第1月曜、第2水曜 
奈良県橿原市あおぞら音楽サロンにてグループレッスン  

♪自宅個人レッスン(阪急石橋駅から徒歩)
■お問合
namimusic12☆gmail.com
(☆を@に変えてご記入ください)

twitter

ばんまい〜逗子〜東京ツアー御礼

楽食 ばんまい〜逗子〜東京ツアーから帰ってきました!

ばんまいでいつものように、皆さんと温かな時間を過ごした後、新幹線に乗って逗子へ移動。

今回も逗子アイルランド愛好会の丸野さんご夫妻にお世話になりました。

 

 

あいにくの雨でしたが、翌朝は丸野さんのお車に乗せていただき鎌倉へ短時間でぎゅっと観光。


といっても、行ったのは、hataoさんがGoogle MAPでたまたま見つけた「笛」というお店と、私がずっと行きたいと思っていたスウェーデンのお菓子の店「リッラ・カッテン」さん。

どちらも魅力的なお店でした✨

 


笛のマスターとhataoさんがすっかり意気投合して2人で吹き始めたり、あちこちからいろんな笛が出て来て見せてくださったり、面白過ぎました(笑)

 


アンモナイトやベルリンの壁まで…!


そしてボウドプサルテリー初体験も楽しい!

 


歌手の米良さんやアイリッシュの守安さんや、各界の錚々たる有名な方が40年も前からここでコンサートされてきたそう。

 

 

美しい紅葉や町並みを楽しみながら次に訪れたリッラカッテンさんは、スウェーデン愛に溢れたお店。いつもツイッターで素敵な記事を発信されているのでどんなお店か興味津々だったのです。


奥様がスウェーデン語のレッスンをされていたので、ご主人とあれこれお話させていただくことができました。
ビンテージの布類も気になりましたし、さすがシナモンロールなど、パン類は絶品でした!
たまに関西蚤の市の北欧ブースで出店されることもあるそう。

 

 

そしてラ・パール・デサンジュさんにて午後からコンサート。


前回の逗子ツアーのご縁から、次回はウチで!と熱く誘ってくださったとのことで、開催が決まりました。

小さめの店内に熱意を持って聴きに来られたお客様ばかり、熱い眼差しと、温かな雰囲気の中、演奏させていただきました。
マスターの奥津さんご夫妻はとても魅力的な方で、お話も尽きず。コンサート後には特製ディナー&スイーツをご馳走してくださいました。

 

 

 

 

 

何しろ荷物が多くて大変な旅だったので、心と身体に沁みて殊更美味しかったです✨
お会いできた皆様、丸野さん、奥津さん、ありがとうございました!

 

 

その後、笛屋さんの東京支店へ。
とても居心地の良い空間!
ハープも充実していて、疲れも忘れて弾きまくり(笑)

 

 

翌日は江東区のギャラリィ無有斎さんへ。

途中で、お財布&ケータイの鞄が紛失しもうダメかと絶望的になりましたが、親切な方が届けてくださったらしくその後無事に見つかるというハプニングも。

 


何しろ荷物が重すぎて、体力限界超え力尽きてヨレヨレのところオーナーさんが迎えに来てくださって、いろいろ音楽や人生のお話を聞いてるうちに気力が復活。

 

 

常連できてくださっているお客様や初めましての方々、ご来場くださり、無事コンサートを終えることができました。
ここはピアノと響きが絶品で、私たちにとって、何より贅沢な空間なのです。
オーナーさんが私たちを気に入って応援してくださり、いろいろ手助けいただき感謝。

新譜CDに参加してくれているフィドラーのぬっきーさんも駆けつけてくれて、終了後のお喋りも楽しく嬉しかったです✨
あぁぁ、こちらは写真を一枚も撮っていませんでした。。。

 

 

お越し下さった皆様、ありがとうございました!

 

さて、最後までヨレヨレの旅でしたが、ようやく伊丹にたどり着いたと思ったら、ハープのカートが届いておらず、最後までハプニングに見舞われましたが、苦労もあった分思い出深いツアーになりました。

 

また次は、CD発売記念で上京したいと思います✨


ブルターニュ Pluzunetのコンサートリポート

11/3、ブルターニュのPluzunet という街でhatao&namiのコンサートが開催されました。

 

この街に到着する前にパリで国鉄のストライキに遭遇して苦労しましたが、TGVに乗った後はシルヴァン氏が自ら最寄駅まで迎えにきてくれて、無事にJean-Michel Veillon宅に到着しました。

初日からシルヴァン氏とジャンさんの終わらないお喋りとセッションでくたくたになるハードな幕開け。予想を上回る濃い内容のブルターニュ滞在になりました(笑)

シルヴァン氏は12月に来日ツアーがあり、再会が楽しみ!

12/7大阪ではオープニングアクトを務めます!

 

 

Pluzunetの街並み

教会はどこも古くて長い歴史のある趣が素敵。

 

巨匠の手作りディナー!

滞在中大変お世話になりました。

素敵な暮らしにも触発されました。

 

 

盛りだくさんの出来事がありましたが、ここではコンサートのことを。

ヨーロッパ2つ目の公演は、ブルターニュ音楽の巨匠Jean-Michel Veillon氏と、相方のギタリスト Yvon Riou氏、ブルターニュのハーピストのClotilde Trouillaud さん、コンサートのオーガナイズをしてくださったMarie-Pierre さんによる、光栄過ぎる企画。

決まったのはわずか1ヶ月前だったにも関わらず、いくつかの新聞にも掲載していただいたのもあってか予約がどんどん入り80人の定員をオーバーしてしまい、当日の問い合わせもお断りしなければならないほど、想定外の人気コンサートになって嬉しい悲鳴をあげていました。

 

あちこちからミュージシャンも多数来てくださると聞いていたし、ジャンさんは「絶対にミスするなよ〜〜!」と事あるごとにプレッシャーをかけてくるし(笑)すっかり緊張感も高まっていました。

 

そしてなんと本番ではClotildeさんがオープニングアクトを務めてくださることになっていたのです!

前日に用意周到に会場のセッティング。

そしてハープの個人レッスンをしていただくことができました。

レッスンを受けたから突然上手になるわけでは決してないですが、今まで興味をもって取り組んできたことが、

こういうレッスンによって「そうそう、こういうことだよね」という確認になるというか。

特に彼女のセンス(難しいことをするのではなくシンプルで気の利いたアレンジ)が素晴らしいのでインスピレーションをいただきました。

 

 

当日会場に到着すると、素敵な薔薇が一輪、私(nami)の椅子に…

エンジニアさんの優しい心遣いにすっかり打ちのめされました。。。。(涙)

 


エンジニアさんは今回好意で協力してくださってるとのことでした。

 

ぎゅうぎゅうの会場で、ジャンさんの司会からコンサートがスタート。


Clotildeは私のために、と言って、私の大好きな曲ばかり三曲を奏でてくださいました。素晴らしい演奏にただただ感激。

 

 

Clotildeとの出会いは6年くらい前に日本で開催された、無印良品ブルターニュ編CD発売記念来日コンサートでした。
フェニックスホールで行われたこの招待制のコンサートで彼女の演奏と、曲が素晴らしくて忘れられずにいたところ、去年日本で開催したジャンさんのツアーの時に、その時彼女が演奏した曲と再び出会い、今回につながったのでした。

彼女のウェールズ製のハープを借りて、またYvon さんが、わざわざ状態の良い電子ピアノを借りてきてくださったお陰で、ここで演奏したかった曲を全部弾くことができました。

 

 

そしてこの日のためにhataoさんがアレンジしたジャンさんとのトリオによる佐渡おけさ。


毎晩聴いて熱心に研究していたジャンさんのフルートのさすがの音色…さすが巨匠でした。

 

 

弾きたい曲をめいっぱい盛り込み弾いてかなり長いコンサートになったと思うのですが、熱心な拍手とアンコールのシーンも。

 

CDが2分で完売した!!とマリピエールさんが興奮して語ってくれて嬉しく思いました。

 

 

終了後も興奮覚めやらずで、たくさんの方が声かけてくださり、打ち上げまで夢のような時間となりました。

 

日本からやってきた音楽家の見も知らぬ演奏を、こうして暖かく興味を持って熱心に聴いてくださったブルターニュの方々との交流は有難く、また宝物となりました。

山あり谷ありの人生の中に音楽があって本当に良かったと思える瞬間でした。また来年来てね、言ってくださる言葉も嬉しく…また必ず再訪したい場所です。
ありがとうございました。

 

巨匠たちと一緒にガレット!

 

本番前のランチ。

いつも昼からワインと食後にはスイーツもてんこ盛り!

 

コンサート後もワインで乾杯!

今回の渡欧では何年かかるか分からないくらいの宿題を持って帰りました。

消化したらまた再び訪れたい場所です。

 


ノルウェーでのコンサートリポート

hatao&nami にとって、はじめてのヨーロッパでの公式コンサートはノルウェーのTromsøにて。
コンサート主催をしてくださった晴子さん&Torさんご夫妻に改めて御礼申し上げます。

コンサートのために沢山のケーキを焼いてくださったり、只ならぬご尽力頂きました。

当日は30名あまりの方が訪れてくださり興味を持って聴いてくださいました。

 

コンサートの様子を頂いた写真でリポート♫

 

晴子さんのダスティの26弦ハープをお借りしました♫

キャンドルの光が素敵💓

 

 

準備中の晴子さん♫心の籠った素敵な会になったのは晴子さんのお人柄とセンス、行動力の素晴らしさ。

 

晴子さんや、いろんな方がケーキを用意してくださいまし た!素晴らしすぎる!

 

かなり年代ものの、貴重なピアノがあったので、急遽ピア ノの曲も追加しました!

 

 

素敵な会場を用意してくださいました!

 

 

 

ハープの低音が足りない曲はピアノとの両方弾きで♫

 

今回のために、ステキなフライヤーを描いてくださったマイさんはじめ、意外にも何人かトロムソ在住や、たまたま訪問中の日本人の方々にもお目にかかれました。

 

トロムソ在住の日本人の皆さまが集まってくださいました !素敵な方ばかり。

 

アンコールでは、晴子さん、Tor さんが加わって、お二人かずっとレパートリーにして大切に弾いてくださっていたシェーヴィクの結婚行進曲をご一緒に奏でました🌟4人で練習する時間も幸せでした!

 

コンサート後は交流が盛り上がり、アルメニアの方や、ウェールズの方が母国の曲をピアノで弾いてくださったり楽しいひと時に💓

 

晴子さんの素敵なリポートはこちらから
『すぎなの風』
http://blog.goo.ne.jp/s_l_s_sugina

 

当日も朝からケーキ作り。アレルギーの方のためのグルテ ンフリーのケーキを一緒に作らせていただきました♫

 

いつも一緒に台所に立つTorさん。優しい素敵なご主人💓

 

私たちにとって忘れ得ぬ大切なコンサートとなりました。

この日のためにご協力ご尽力くださった皆様、コンサートでお会いした皆様、晴子さんTor さん、本当にありがとうございました🌟

 

 

 

雪野のなかでトロムソお別れの記念にワルツを弾きました。

 

 


シャナヒー&アンニコルの学校公演リポート

1か月も前の話になるのですが、まだ書けてなかったので改めて。

 

10/3はシャナヒー&アンニコルで、兵庫県相生市の合同芸術鑑賞会での公演に行ってきました。


シャナヒーや、その他の学校公演は昔から度々あるのですが、このメンバーで公演の機会をいただけたことは、私にとってとても嬉しいことでした。

無事、最終選考で決定したものの、さて、マニアックな北欧というコンセプトと、歌の曲がメインという私たちに何ができるだろうかというところから。

(といっても何もリクエストはなく、全て信頼してくださっていることが嬉しく感謝でした)

しかしメンバーからアイデアがどんどん湧いて、当初私は、北欧にあるそれぞれの国の存在を子供たちに覚えてもらえたらいいかな?と思ってたのですが、最終的には解説は極力無しにして、流れとテンポを大切に、私たちの音楽を全身で感じてもらう、というコンセプトとなり、本番ではもう汗だくになって全力で楽しみました。

子供たちを巻き込んで、空のポルスカで会場をグルグル回るのは、以前体験したチーフテンズの舞台をヒントに(^^)
OKしてくださった校長先生、ありがとうございました⭐️
結果他にない、かなり斬新な公演となったのではないかなぁと思います。


 


良い機会を与えてくださった関係者の皆様、音響照明でサポートしてくださった舞台の方々にも感謝。

こんな私たちのコンサートに興味をもっていただける学校があったらいいなぁと思います♪

 


スコティッシュカントリーダンス

旅前の最後のお仕事、関西ホワイトヘザーダンサーズによるスコティッシュカントリーダンスのパーティが無事に終わりました。
2日前から急に仕込んだため、ピアノ筋が衰えてて指はヨレヨレでしたが、
tea timeに披露されたハイランドダンスが素敵でした😍

後半はセッションハウスの皆様が30名もご参加くださり華やかでした✨
お会いできた皆様、お疲れ様でした!

帰国後すぐに今度は福岡のスコティッシュダンスフローラのパーティ!頭の切り替えを頑張らなくちゃ。

 


信楽病院にて子供たちと

 

秋空が心地良い朝

信楽にある国立病院にて毎年恒例のコンサートへ…
信楽高原鉄道に初めて乗りました!(車が壊れたのでしばらくは電車移動です)

 

病院で生活している子供たちに、一部屋一部屋を訪ねての演奏も。下川さんはじめ、たくさんの先生方の尊いお仕事ぶりに、毎回頭が下がるばかりです。

 

その後、下川さんの愛情たっぷりスペシャルランチをご馳走になりました。お品書きまで…
天然酵母パンからハムから全てが自家製、そしてこだわりの地場野菜と…
もう美味し過ぎて、感激しまくり!

 

寝る間を削って日々頑張っていらっしゃる下川さんの細やかな心遣いに感銘を受け、逆にすっかり元気をいただいてしまいました。
ありがとうございました✨

 

それから、最後にみんなで歌った下川さん作曲のお別れの歌がとってもいい曲で感動しました✨


Forest Night Piece 御礼

9/7 ≪Forest Night Piece vol.2≫
ご来場くださった皆様、ありがとうございました!
(写真をたくさん頂いたので、珍しく早めリポート^ ^)

笑いが絶えないこんな楽しいコンサートは久しぶりだったかも⁉️

企画してくれたTill skogの独創的な世界はさらに進化してて素晴らしいし、デビューとなったRoddy bandのRoddy さんが愉快過ぎて、、パイプは流石の演奏でしたし、4人が豪華でした〜✨
さとこさんのアルトフルートも満喫しました!

私たちは、ケンケンが加わってくれて、アグレッシブな演奏にスリル満点でした(笑)
12/21と年明け1/13に決まったレコ発では、もっと研ぎ澄まされた演奏になるよう精進します…!

 

 

 

 

 

 

 


吉野と北海道への旅

目まぐるしい一週間でしたが、各地で出会った皆様、お世話になった皆様には、ありがとうございました!

 

14日の高野 陽子さんとの初秋の美しい吉野へと二人旅→ヤギの居るステキなカフェ・レバーグさんでのお月見コンサートでは、陽子さんの歌の世界、ガリシア音楽を楽しませていただきました。

 

 

翌朝、睡眠もそこそこに千歳空港へ飛んで、お迎えのスタッフさんに連れられハープごと現場へ直行。


富士山!

 

大規模なウィスキーフェアでは、偶然の出会いもあってびっくりしたり。大きなイベントでものすごい盛り上がりでした。

 

 

コンサート後は街中のオクトーバーフェスへ、まるで北欧みたいなのんびりした光景。

 

翌日の2箇所でのロイズ店内コンサートでは、直前の告知だったにも関わらず、会いたかった方々が時間を調整して会いにきてくださり、とっても嬉しかったです💓感謝の気持ちでいっぱい。ありがとうございました!

 

 

どのコンサートも、企画してくださった方の想いを両肩にどっしり感じながらの演奏になりました。

 

 

札幌では、はたおさんのご実家、ご両親にすっかりお世話になって、愛情たっぷり朝ごはんや、ジンギスカン、打ち明げの最高に美味しいお寿司ディナーまで🍣


北海道の食の豊かさには毎度、打ちのめされ…
もちろんロイズさんの商品の魅力や企業としての魅力も存分に知ることができました。

 

 

帰宅してすぐ、今度はこの秋1回目の中学校公演。能勢から山越えして、自然あふれる素敵な学校で、反抗期真っ盛りのみっきーと同世代?!の素直なこどもたち。ガイタのコジさんを中心にスペインからアイルランド、スコットランド、北欧まで楽器と音楽を紹介する内容でしたが、コジさん&はたおさんコンビのお喋りが完璧過ぎ✨

実はこの朝、車のトラブル発生で、仕方なく途中で車を放置して本番へ。
迷惑をかけたり、気もそぞろになって反省でしたが、メンバーの皆さんが気持ちよく助けてくれて感謝でした。


帰りもエンジンがかからなくなってハラハラしましたが、なんとか帰宅。このことで10年間の想い出の詰まった車との、別れの決意ができました😢

今月後半は、気持ちを切り替えて車探しがんばろう。
製作の方も佳境で忙しいですが、無理せずのんびり進めようと思います。


シャナヒー&アンニコル夏フェス 御礼

今日から新学期!まずは、元気よく家を出てくれてホッ。

 

長〜く暑〜い夏休みがようやく開けて久しぶりに1人の朝。

多忙で一週間以上経ってしまいましが、まずはシャナヒー&アンニコルの夏フェスの御礼を…。

 

春から季節変わって真夏のコンサートになりましたが、たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

コンサートのリポートは、メンバーがそれぞれに詳しく書いてくれていますが、私たちの表現したい音世界にぴったりの音響と照明を作ってくださる徳竹さん&良太さんコンビとの共同作業でできたスペシャルな舞台になりました。

 

午後1番の開演だったため搬入から開場までの数時間は、挨拶もそこそこに、音響照明の仕込み、新曲のリハーサル、受付や素敵な装飾を担当してくださった夏本道子さんも含め…お互いが黙々と集中して仕上げていく様子に、なんだか、最高のチームワークだなぁーと感動していました(^^)

コンサートでは、春は生音メインだったのですが、今回は音響を完全に作り込んで頂いたので、その違いがスゴくて、すっかり乗せられて。

 

音楽活動も長くなってくると、一体何のためにやってるんだろう?

なんてふと思うこともあるけど、新曲の「蒼い森の宇宙」を演奏している時、響と言葉が一体になってエネルギーが放出し会場全体が包みこまれたような瞬間が何度もあって、こうして一緒に音楽、舞台を作り上げて行ける仲間と出会えた事が、一番の宝物だなと、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

シャナヒー&アンニコルの次の舞台は秋の学校公演ですが、また冬に向けて、素敵なコンサートを企画したいと思います。

画家の清嶋さんが、詩に力がありどんどんインスピレーションが溢れてきた、新しい作品を描きたいと言ってくださるので、こちらも楽しみです。

 

 


Nanao pottery二人展オープニングコンサートでした

滋賀県長浜市木ノ本在住の七尾 佳洋&詩子さんご夫妻によるNanao pottery 二人展が、私たちの街、北摂で開催されて、オープニングコンサートとして演奏させていただきました。

コンクリート造りのお洒落なギャラリーに、ぴったり満席のお客様。遠くからはるばる会いに来てくださった方も。。ありがとございました。

 

 

長年生活されていた北海道と沖縄のテイストが混ざりあった、ダイナミックで独創的な七尾さんの作品の数々は、時間を忘れて見入ってしまいます。

 

お二人のコラボということで、何か共通するコンセプトがあるのですかとお尋ねしましたら、全く世界が違うとのこと。
その違いがまた素敵でした💕

 

 

散々悩んで、前に長浜で買わせていただいた器と同じシリーズのものを買わせていただきましたがちょっと違っているのが気に入っています✨

 

その時代その時代で、いつも違う作品が生まれるそうですが、自分が作っている音楽も、だんだん時代ごとに変わっていって昔の曲は去っていくので、同じなのだなぁと。。。
今の曲を大切に弾かないと、と思ったりしました。

 

 

素敵な会場、そして、朗らかなお人柄のオーナー高田さんご夫妻にも感謝。

展示会は、27日まで二週間開催されますので、ぜひこの機会にお訪ねください✨


 


北海道ツアー記♪

北海道ツアーから帰ってきて、もう3日が経ってしまいました…!

忘れないうちに大切な思い出を振り返り。
最後の最後までびっくり印象的な旅となりましたので、長文ですが、徒然なるまましたためてみました。

 

 

今回、道東の弟子屈まで訪れたのは、以前から私たちのコンサートに足を運んでくださったり、コンサートを企画してくださっていたOご夫妻が、3年前に北海道の弟子屈へ人生の住処を移されて、それからずっと、コンサートをして欲しいと誘ってくださっていたことがきっかけでした。

それから、三年ぶりに札幌であらひろこさんとジョイントコンサートをさせていただけることになり、今回のツアーを企画しました。

伊丹空港までハープと荷物を運ぶのに汗だくになりましたが、さすが北海道は涼しい〜

現地集合で釧路入り✨いきなり足元に鮭!そして熊!!


Oさんが大きな車で迎えに来て下さって、オススメのオーベルジュ、すばるさんへ。


いきなり素晴らしいディナーと温泉をご夫妻と一緒に楽しんで、ツアーの始まり。

羊に警戒されるhataoさん♪

蝦夷リスを見ながらの朝ごはん♪可愛らしくて目が離せません!


Oさんのブログにその日の詳細(ツアーの様子も毎日)がアップされています
https://blog.goo.ne.jp/d…/e/b7871fb267cdde3eb4aab9857de84ff2

 

実は、準備期間は短かったのですが、美留和小学校さんが、授業として私たちのミニコンサートを企画してくださっていて、翌日は早朝から学校入り。

7人のかわいい子供達のほかに、町内の方々がたくさん来てくださって、楽しい時間になりました。児童たちとの共演曲が、なんと、奈良在住のリコーダー奏者、北村先生の笛星人💚
皆さんすごく上手で感動的な1シーンに!

 

この日の出来事はOさん日記もご参照ください https://blog.goo.ne.jp/daisuke1103/d/20190706

 

その後、Oさんよりカヌー体験をプレゼントしていただき、天国のような素晴らしい時間を過ごすことができました。

 

途中のカヌー上Fikaにも大感激…😢

鏡の間 #弟子屈 #カヌー

namiさん(@namiuehara)がシェアした投稿 -


基本引きこもりなので、ここに来なかったら、一生こんなことは体験できなかったに違いない…感謝しかありません。
乗せてくださったツッチーさんは、なんと夜のコンサートに聞きに来てくださって、なんて温かな人の輪。。。😢

 

 

 

続いて、ランチタイムに素敵なすずめ食堂さんに連れていただきました。


私好みのテイストのお店でお食事も最高!思わずパチリ。こんなお店、近くにあったら良いのになぁ。。。

 

 

そしていよいよコンサート会場のつじや食堂さんへ。
これがまたおしゃれなアンティーク雑貨の宝庫で、目がウロウロ奪われてしまいます。


ライブもよくされているそうで、雰囲気抜群。キャパもちょうど良くてぴったりの会場でした。今回、Oさんが飛び入りで当たってくださったのですが、CD聴いて即OKをくださったとか。

 

夜のコンサートは町の方々だけでなく、ずっとSnsだけで繋がっていた方々も遠くから来てくださったりして、たくさんお集まりくださって、とても嬉しかったです。
「最高のライブにしてくださいね!」というOさんからのプレッシャーに負けず、演奏もがんばりました(笑)

ライブ後の打ち上げでは、定番のスープカレーも💕


そして、つじやさんのお話を伺って、人のつながりにびっくり。アイリッシュ音楽にも造詣深い方だったのです。

 

 

翌日は素敵なお宿、すばるさんのご夫妻に別れを告げて、札幌へ…
その前にあちこち連れてくださいました。

幻想的な摩周湖、屈斜路湖、たくさんの白樺やリスや大自然に感激して、無理に北欧へ行かなくても、北海道でいいんじゃ…と思うほど。

 

摩周湖!

namiさん(@namiuehara)がシェアした投稿 -

 

弟子屈から札幌へ続く風景

namiさん(@namiuehara)がシェアした投稿 -

 

 

温泉も楽しんだあとは予定通り夜に札幌入りして、池野ハープ工房さんを訪ねました。

 


初めてお会いする池野さんは、ストレートにご自身のいろんな話やお気持ちを聞かせてくださり、またまた、人の繋がりにびっくりしたり。
お会いできてよかったです。

ハープやカンテレの型紙!

 

 

その楽器が最高の音を出せる形、デザインにこだわってハープを作られておられ、そういう視点で考えたことがなかったので、勉強になりました。日本でオーダーメイドに対応してくださる製作家がいらっしゃるなんて貴重ですよね。

 

 

ここでhataoさんは法事を控えたご実家へ帰り、しばしのお別れ。

 


翌朝は、カンテレ&ハープ友達の真理さんのお宅を訪ねました。フィンランド繋がりのちえさんも来てくださっていて、もう話したいことがてんこ盛り(笑)


フィンランド音楽や言葉に造詣深いお二人と好きなことを話している時間の濃さに幸せいっぱいでした。

そして、美味しいランチもご用意くださって感謝💓さすが北海道はベリーが日常にあって、素敵です。

 

 

 

最後に少し楽器も弾いてワイワイ楽しませていただいたあと、後ろ髪惹かれながら一旦お別れし、今度は、スウェーデン歌のコンテストが行われている会場へgo!
こちらは、以前もお世話になった事のあるスウェーデン協会さんが主催のイベント。立派な会場で華やかに行われていました♫(写真がない💦)
7組の出演で、やはりスウェーデンといえばアバ率高めでしたが、julの歌nu tändas tusen juleljus が聴けて歌詞カードまで頂けてしまいました。


ハートフルな歌を数曲楽しんだあとは、ラストが心残りでしたが、会場を後にして次のAMICAへ。

 

 

 

あらさんとの再会、そして、この日の午後、奇遇にも同じ会場でイベントをされていたコストマリー事務局さんとも久しぶりにお会いでき、私たちのコンサートにもご参加くださり感謝✨

 

思いがけずたくさんのお客様がおいでくださり、あらさんの演奏がスタート。

いつもながらコンサートカンテレの音色にあった曲のアレンジ、その世界観、いつも勉強になります。

 

 

今回はCM関係でお世話になったロイズチョコレートさんからアイラ島のスコッチウイスキー味のチョコレートが振る舞われ、映像作家のBさんもお越しくださり、和やかな雰囲気に。

後半、私たちもたくさんの曲を弾かせていただき、終了後は打ち上げまで会場でゆっくりさせていただくことができました。(なんと日をまたぐまで!)

 

残ってくださった皆様と♪


いつのまにか楽器が出てきて(笑)みんなで弾いている瞬間、しみじみ幸せを感じます。

 

お忙しい日々の中、足を運んで下さった皆様、アミカさん、本当にありがとうございました✨

 


あらさんのRAUMA の新譜もget💓頂いた素敵なプレゼントと一緒に💓

 

翌朝、空港までも、私たちを連れてくださったOさんといよいよ別れ。

 


これでもう旅は終わりかと思われたのですが、最後にびっくりするようなことが起こりました。
旅って面白いですね!

 

 

空港のカウンターで並んでいると、私のハープを見て声をかけて下さった方が。
なんとその方は、戦後、初めて日本にアイリッシュハープを持ち込んだという雨田光示さんの息子さんとのこと。
雨田光示さんはハープ界では大変有名な方で、私の最初のハープの先生も確か門下生だったし、さらに母校にいらしたチェリスト雨田先生の弟さん。。
記憶がいろいろ繋がって、びっくり仰天でした。

 

 

現在日本では、ケルト音楽でハープが大変人気だとお話ししたところ、そうなのですね!知らなかった、それはとても嬉しいことだと喜ばれて、お父様が帰国後、材木屋だった青山さん(青山楽器製作所)と組んで、アイリッシュハープの普及のために人生を捧げて来られた話、またご家族の話も興味深くて、すっかり舞い上がってしまいました。

 

 

けれど、自分たちの番が来た時、急にハープのカートを置き忘れて来たことに気がつき、慌てふためいて探しに走るも、すでに回収されていて見当たらず、もう時間もないし、どうしよう〜〜と焦っていると、さっき別れたはずの雨田さんが、インフォメーションへ行って見つけたと知らせてくださり、時間ギリギリまで気にかけ助けてくださったのでした。

見ず知らずの私のためにしていただいた親切が骨身に沁み、後半の人生、生き方が変わるんじゃないかと思うくらい感動したのでした。。。。

 

いやはや、家に帰るまでが遠足、ぼーっとしてる自分を大反省(その後も更に忘れ物しかけたし…)

 

そんなこんなで、Nさん(from金沢)に空港で是非食べてね♫と勧められていた、きもとや?のソフトクリームも、ハスカップのソルベ?も食べられなかったのですが、搭乗寸前にミルクソフト食べて、満足…やっとホッと落ち着いたのでした。

 

 

帰宅後は一瞬にして慌ただしい日常に戻りましたが、3日経ってようやくRAUMAのサリーガーデンを部屋でゆっくり聴きながら、北海道の思い出を回想。カンテレの音が心に染み渡ります。。。

 

 

今回の旅の中で、Oさん夫妻の生き方を改めて知り、いっぱいお話したこと、今後の生き方の指針になった気がします。

長文お読みくださった方、ありがとうございました!

 

 

 

※追記
書き漏れましたが、雨田さんご自身は世界で活躍する写真家さんでいらっしゃいました。


マルシェにて

陽子さんのお誘いからご縁をいただいたブランチ松井山手のマルシェで、春から度々演奏させていただきました。

まだ新しくて素敵なスポット!

次回はお盆の8/11にシャナヒーで出演予定です♪

 

20190712_2896261.jpg

 

 


| 1/16PAGES | >>