infomation

【レギュラーコンサート】

♪毎月第4金曜日
hatao&nami
<やわらかな音じかん>復活しました!

■時間: 15:00〜16:30
■会場: 自然食カフェ ばんまい
大阪府池田市鉢塚3-15 
(阪急石橋駅から徒歩15分)
072-761-0064  ※予約不要です
http://teshigotoya.org/

■料金: 入場無料
チップ制 飲食のご注文をお願いします

♪毎月第4金曜日
hatao&nami <アイリッシュパブ・カプリシカ>
■時間: 21時 22時
■料金: ミュージックチャージ 300円
■会場: アイリッシュパブ・カプリシカ
兵庫県西宮市甲風園1-4-15 2F
阪急西宮北口から北西出口を経て徒歩1分
電話:0798-66-5399 

【ハープWS,教室】

♪第4木曜日timeblueワークショップ
■会場:
スタジオ&ギャラリーtime blue
天神橋筋六丁目駅12番出口から徒歩2分
06-6360-4682
■時間:
.咼ナークラス10:15 〜11:15 (60分)
⊇薺薀ラス11:30〜13:00(60〜90分)
アンサンブルクラス13:30〜15:00 (90分)
貸しハープ(300円)がありますので、ご希望の方はお早めにご予約ください
■料金:2500円
■ご予約:
namimusic12☆gmail.com
(☆を@に変えてご記入ください)
FBメッセンジャーからでもOKです
■情報をご希望の方は、FB連絡用のグループに招待させていただきます

♪第1月曜、第2水曜 
奈良県橿原市あおぞら音楽サロンにてグループレッスン  

♪自宅個人レッスン(阪急石橋駅から徒歩)
■お問合
namimusic12☆gmail.com
(☆を@に変えてご記入ください)

twitter

ハープ交流会@風のポルッカ

8月30日は一年ぶりのハープ交流会@風のポルッカ、ご参加くださった皆様ありがとうございました。

 

 

開催については不安もつきまといましたが、何もイベントができなかった夏の終わりに、オーナーの多鶴子さんに助けられて、楽しい時間を過ごすことができ感謝です✨

 

 

北摂のケーキ屋さんを梯子して、到着すると、可愛らしい看板がお出迎え。素敵な心配りさすがです💕

 

今回は食事はやめて、ケーキバイキング風にしようと考えていたのですが、プロ級のパティシエ下川さんの手作りキャロットケーキと白イチジクマフィンの差し入れもあって、豪華になりました✨

 

 

小麦粉やBPを使わず酵母や大豆粉で作られたとか…いつも魔法のようなスイーツをありがとうございます💕

 

 

 

 

最初にオーナーの多鶴子さん(と私)でwelcome演奏からスタート。

 

 

昨年は意図せず発表会みたいな雰囲気になってしまい、皆さんの実力が発揮し辛かったという反省を生かし、今年はなごやかな雰囲気を大事にBGM演奏風に演出。

休憩やお喋りを挟んで、持ち曲をそれぞれに披露するのも自然な感じに💓

ポルッカの響きが良いのも手伝って、音が美しく響いてうっとり。

ハープっていいなぁ〜と改めて感じて、弾くのも聴くのも楽しい会になった気がします。

 

 

ケーキのため真剣勝負の争奪戦(笑)

 

 

飛び入りやユニットの参加もあって盛り上がりつつ、一応それぞれの持ち曲を弾いた後は、セッションタイム。

実はマルチな皆さんがいろいろな楽器で参加してくださって、終盤までワイワイ。

オリジナル曲の弾き語りを聴かせてくださったり。

こういうのをやりかったー!と思える素敵な会になりました。

 

 

 

今回は人数限定で開催しましたが、また世の中が落ち着いたら続編をやりたいと思います^_^

お疲れ様でしたー!

 

 

 

【追記】

 

先日KISSFM (FM神戸)の番組出演のため収録に行き、29日に放送があったのですが、すっかり私自身忘れてしまっておりましたら、情報を見つけて聴きとどけてくださったと方がいらっしゃったそうで。。。ありがとうございました🙇‍♀️

今回は、新譜・5分間の魔法と、Sølvharpe からご紹介させていただきました。

 

 


「time flow」のライブ映像

今年1月13日に行なわれた、hatao&nami 4thCD発売記念コンサート@箕面 より、「time flow」のライブ映像を、マルチなアーティスト(本業は和太鼓篠笛奏者さん)村下正幸さんが製作してくださいましたので、ご紹介させてください。

 

 

「幸せの種」に続く2作目となりますが、当日照明をしていただいていたのに、同時進行でこのカメラワーク!その器用さとセンスに一番びっくりなのですが。。。

 

 

time flow(1st CD 「Silver Line」収録曲) は、母との別れが受け入れられす泣き暮らしていた数年間が過ぎ、気づくと再び幸せな時代が訪れていて、でもふとした折にあの時の会話とか情景が思い出されて、その記憶は永遠に止まっているのに自分は歳をとっていく‥という不思議な気持ちを綴ったオリジナル曲です。

 

 

CDバージョンとは全く違って、ここでは佐々木善暁氏 (ウッドベース)、上沼健二氏(バウロン)とのカルテットによるアコースティックバージョンの演奏なのですが、たった7分ほどの中で、かなりの見どころが!
…佐々木くんのクールなプレイはもちろん、hataoさんの多様過ぎる奏法、ケンケンの素敵スマイルと腕!などなど、、
私の見どころは特にありません💦

 

 

 

このライブはフィドルの天澤天二郎さんもご一緒だったのですが、この曲では登場しないのが残念ですが、またいずれ。。。。

村下マサさんは今後、映像製作でもユニークな活動をされるそうなので、チェックください♪

 

マサさんのブログはこちら

http://blog.livedoor.jp/renpu/

 


桜の木の下で

新型コロナによる自粛が続き、今日予定されていた入学式も中止、先が見えず長期戦になりそう…ですが、塞いでばかりもいられないので、昨日は川西市の満願寺を訪れて、桜の木の下でハープ練🌸しました。

 

ここ、とっても素敵なお寺なんです。

 

 

高知県立牧野植物園の「桜の宵」コンサートのために作った「影踏み」という春のジグ、今年は植物園のイベントも中止になってしまったので、代りにここで撮影してみました。
本当は夜桜の下で弾きたい曲ですが、桜輝く午後は至福の時間でした🌸

 

 

hataoさんのアジア奏法が進化中→このテグム奏法含めて10種類のビブラートテクを開発したらしい(笑)

 

 

 

We visited Mangan-temple and played our original spring jig “Shadow Tag” under a beautiful cherry tree.
This is a nice temple with many cherry trees.

 

 

 

 

 


業務用BGM音源制作

Happy St.Patrick’s Day!

 

3/17〜18

各地イベント自粛でちょっと寂しい今年のセンパトは、業務用音楽製作「ナッシュミュージックライブラリー」さんによる、2日間に渡るアイリッシュ音楽特集CDのためのレコーディングでした。

関わってくださった皆様、お疲れ様でしたー🌟

 

 

 

今回はアイルランド音楽編ということで私が書き降ろした拙い曲たちに、関西のベテランのミュージシャンの皆さんの素晴らしい演奏で、命を吹き込んでいただき感動しっぱなし…!  

2日間で11曲という怒涛の録音でしたが、さすがでした。    

 

 ディレクターのお二人と奈良NMGスタジオの三輪さんチームの仕事ぶりも素晴らしくて、普段はひとり寂しく製作している私ですが、このような心強いメンバーと共に苦労しながらも曲を作り上げていく喜びを噛み締めたのでした…  

 

1日目

 

2日目

 

 

 イーリアンパイプス/鉄心さん、

 コンサーティーナ/吉田さん、  

フィドル/温子さん、  ギター/宏史さん、  

バンジョー他/翔さん、  

バウロン(4台使い分け?まるでバウロンコレクション!)/ケンケン、  

フルート&ホイッスル(初登場のバスホイッスルも!)/hataoさん、  

私/ピアノ、ハープ    

 

 

これは斬新!ハープの新たなセッティング。 最高に綺麗な音を録ってくださる、NMGスタジオにて。

 

 

 

最後に吉田文夫さんと私だけが残ったので、吉田さんのお話を聞いてしみじみ。私たちがアイリッシュを始めたのは1990年台後半だけど、そのころよりもさらにら30年前からアイリッシュをされていて、当時は誰も知らない中で演奏するのが楽しかったそう。

わたしも吉田さんのグレンミュージックで、バウロンを買ったことも(売ったけど) 当時は、僕のライブ(Si-folk)のライブ名簿によくナミさんの名前があって、今でも残ってるんですよって....!!

 

 

 

 

 

 

数日後、このアイリッシュ特集のCDのMIXデータ届いて、早速確認したら、思っていた以上にとても良くてテンション上がりました!

 

 

ベテラン勢はもちろん、個人的に宏史さん&翔さんの演奏とっても素敵だなぁと。ココペリーナのライブもまたじっくり聴きたくなります。

 

 

 

 

鉄心さんのイーリアンパイプスはなぜあんなに絶妙な表現ができるのだろう?!という素敵な演奏だし、温子のフィドルが素敵に歌いつつ全体を支えててさすがです。

ケンケンの4種のバウロンの違いが、完成データで聴くとよく分かって楽しいし、吉田さんのコンサーティーナは懐の深さがもう。。
そして、はたおさんはやりたい放題吹きまくってて、すごい聴き応えあり(笑) バスホイッスルいいなぁー!何で今まで使わなかったんだろう?
お世話になった皆様ありがとうございした!

 

 

もし聴いてみたい、という方がおられたら特別に販売もできるそうですので、ご連絡ください♪

 

 


ハープアンサンブル会

今日はtimeblueハープアンサンブル会を自宅で。気がついたら4時間以上にもなっていました。
お疲れ様でした…!
下川さんのお手製贅沢レモンケーキに、開始前から舌鼓💕こんなにレモンの風味が効いたケーキは初めてで感動。。。
アンサンブルのお披露目は6月です♪

 

 

 


Norsk julesongar🎄

Norwegian Christmas song🎄

Norsk julesongar🎄

 

シンプルで美しいノルウェーのクリスマスソングを、簡単に弾ける小さなハープ用の譜面を作ったのでサイトに公開してみました。

お楽しみいただければ幸いです。

 

There is this tune's music sheet for a small harp on my website.

http://namiuehara.com

 

 

 

nami(@namiuehara)がシェアした投稿 -

 

 

 


Silver Line

ツムが合宿に出かけ、珍しく静かなGW。4月の山場をいろいろ超えたので、これ幸いに長らく置いてしまっていたCD制作に着手。

そして夜更かし。。。

 

 

しばらく前に、音楽評論家おおしまゆたか氏による、hatao&namiファーストCDのレビューが掲載されたのでしたが、1枚のCDをここまで深く聴き込んでくださる方が、世の中にたった一人でもいる・・・ということが、どれほど励みになるか。

 

そしておおしまさんの文章は、いつも感覚的で研ぎ澄まされていて感服してしまう。デュオ結成前の歴史から振り返った丁寧な内容。

 

特にファーストCDというのは思い入れがあるもので、その後、コンセプトを変えて2枚を制作したけれど、4枚目では再びこのシルバーラインの世界に戻り、続編を作りたい思っていました。

 

悩んだ末、ようやく収録曲とゲストが決まり全体が見えてきたところ。

 

「決着をつけたい」と思わせるアルバムになり得るか?
夏にかけてマイペースにこつこつ、がんばります。

 

レビューはこちら

 

Silver Line 紹介動画


シャナヒー《機械仕掛けのポエティカ》MV

シャナヒー 4thCD She was under the treeより
《機械仕掛けのポエティカ》が完成し、公開しました!

 

1月のある日、寒さを覚悟しつつ、映像作家の松下高士さん、アシスタントの皆さん、そしてu-fullゆかさんと一緒に山の秘密基地へ撮影に。


高士さんは、hatao&namiでお世話になっている箕面のカフェ・サルンポワクさんのご主人。
さすがのセンスで、あの時の撮影がこんな風に仕上がるなんて!改めて驚いています❣️

 

今回、ゆかさんにアコーディオンだけでお願いするという、ある意味贅沢な企画でした。
出演ありがとうございました💓
またシャナヒー&アンニコル でも演奏したいです。

 

 

《機械仕掛けのポエティカ》は長らくお蔵入りになっていたシャナヒーの4th収録の新曲で、ぜんまいの音を作っているラチェットという楽器と、グロッケンシュピールを主役にしたくて書いた曲。
人形のポエティカに命が吹き込まれて、自由に歩き出すストーリーを描いています。

お楽しみいただければ嬉しいです♪

 

 

♪music
みどり midori /Fiddle
Aki/Percussion, Toy Glockenspiel
上原奈未 nami/Pump Organ
guest : 寺田 侑加 yuka /Accordion

 

 

♪movie(撮影・編集)
松下高士 Takashi Matsusita

 

 

youtubeはこちら
https://youtu.be/7tYWz_Yr4II


Minna Raskinenさんとの二日間

続いて翌日は カンテレ奏者Minna Raskinen(from Finland )さんの歌&ダンスのワークショップ、今日はリュスモーネ@和歌山のコンサートに同行(運転手役)し、濃過ぎる二日間を過ごしました。

 

 

どちらも素晴らしい内容、リュスモーネの素晴らしい会場で、ミンナさんの美しいカンテレの響きを堪能しました。

最初の日は、北欧歌の会&クラヤを歌う会のメンバーで、歓迎の歌を披露して喜んでいただくことができました。

コンサートでは一曲だけ、スウェーデンのpolskaを演奏されましたが、スウェーデンのフルーティストから覚えたそう。お気に入りの曲だったのでカンテレの演奏が新鮮で楽しかったです。

 

同じカンテレでも人によって全然スタイルが違うのはハープも同じですが、そんな演奏の魅力だけでなく、カレワラや、カレリア地方の歌、ダンスを通してもフィンランドトラッドの深淵を垣間見ることができて、貴重な二日間となりました。

 


セッティングしてくださった桑島さん、リュシオル夏本さん、リュスモーネ木下さんに感謝です。

IMG_1291.jpgIMG_1301.jpgIMG_1300.jpgRenderedI.jpg


レコーディングな日々

シャナヒーのCD制作もゲストのレコーディングも始まって、佳境を迎えていますが

今年は自分の製作以外の様々なレーディングに参加する機会が多くなっています。

 

27日はタイムブルーWSの後、スタジオsuguriにて某企画レコーディングでした。
終了後に、使用楽器の撮影会。

IMG_1286.jpg
楽器って美しい。。。

そして楽器の主たち♪

IMG_1288.jpg

2日間に渡ってエンジニアも兼任された大森さんに、「大変でしたね」と言ったら、「楽しかった〜!」としみじみ仰ったのが印象的でした。


ハープのレコーディング

 

ハンマーダルシマー奏者であり作曲家である、稲岡大介さんの作品のための、二日間の濃い〜レコーディングも無事に終わりました。

ハープのために作られた楽曲は美しくて楽しくて、たくさん弾いたけど全然疲れないのは自分でも不思議でした。

翌週、あっという間にマスタリングまで終了。
エンジニアさんの集中力すごい!(普段、集中力のない自分を思わず反省)
いなっちさんが喜んでくださる姿を見て、私もようやく肩の荷が降りた気分です。
道子さんプロデュースのジャケットは私にとってもサプライズの素晴らしい作品。
また改めて書きたいと思います^ ^
今月8/25カプリシカライブで初めていなっちさんとデュオで弾きます♪

 

IMG_0435.jpg

 

IMG_0676.jpg

 

 

IMG_0628.jpg


CD制作のおしごと

1月から2月にかけて抱えていた、 音楽制作の仕事が無事2月末日に終わりました。今回はCD1枚分の作曲と、演奏を担当させていただきました。
お世話になった皆さま、ありがとうございました。

 

 

私自身は普段、レコーディングや音楽制作にはかなりの時間を費やすタイプなので、13曲を三日間で録りきるというのは、史上最短でいろいろ良い経験になりました^_^

プレイヤーとしてプロ(とかアマ)という言葉はあまり好きでなくて、意識することはほぼないですが、レコーディングの現場では、(無意識かもしれないけれど)最後まで自分の音や演奏に責任を持つ、持てることがプロなんだなと感じます。
そして、曲というのは、演奏で命を吹き込まれるのだとつくづく感じました。
素敵な仲間に恵まれている幸せを感じつつ。。。

 

 

素晴らしい演奏してくださった皆様に感謝です。
発売が楽しみ。

 

 

さて、まだまだ、やることいっぱい。
譜面制作ともう1つの音源制作を仕上げていきます。
作ることは、音楽でも、手芸でも料理でもとても楽しい。
いつも丁寧に、より良い仕事をしていきたいな、とますます感じています。

IMG_7970.jpgIMG_7991.jpgIMG_7993.jpgIMG_8008.jpgIMG_8007.jpgIMG_7965.jpgIMG_8022.jpg


| 1/5PAGES | >>