infomation

【レギュラーコンサート】

♪毎月第1月曜日
hatao&nami <ひかりの午後>
■時間: 13時00分〜13時30分  
■会場: ミュージックカフェ・アンジェス
奈良県橿原市新賀町485番地 近鉄大阪線大和八木駅下車徒歩15分。  
http://cafeanges.com/
■料金:無料 ランチなどのご予約をお願いします
■ご予約 : 0744-35-4018 アンジェス

♪毎月第3火曜日
hatao&nami <やわらかな音じかん>
■時間: 15:00〜16:30
■会場: ばんまい「静かな森の音じかん」
大阪府池田市鉢塚3-15
(阪急石橋駅から徒歩15分)072-761-0064 
http://teshigotoya.org/
■ご予約 : 不要
■料金: 入場無料、チップ制
飲食のご注文をお願いします

♪毎月第4金曜日
hatao&nami <アイリッシュパブ・カプリシカ>
■時間: 21時 22時
■料金: ミュージックチャージ 300円
■会場: アイリッシュパブ・カプリシカ
兵庫県西宮市甲風園1-4-15 2F
阪急西宮北口から北西出口を経て徒歩1分
電話:0798-66-5399 

【ハープWS,教室】

♪第4木曜日timeblueワークショップ
■会場: スタジオ&ギャラリーtime blue
天神橋筋六丁目駅12番出口から徒歩2分
06-6360-4682
■時間:
…興蘓桓團ラス10:00 〜11:00 (60分)
⊇蘓桓團ラス11:00〜12:30(90分)
アンサンブルクラス13:30〜15:00 (90分)
それぞれに4台の貸しハープ(300円)がありますので、ご希望の方はお早めにご予約ください
■料金:↓2500円2000円
■ご予約 :shana☆bg8.so-net.ne.jp
(☆を@に変えてご記入ください)
FBメッセンジャーからでもOKです
■情報をご希望の方は、FB連絡用のグループに招待させていただきます

♪第1、第3月曜日奈良県橿原市にて個人レッスン
 
♪箕面市自宅にて個人レッスン(阪急石橋駅から徒歩14分)
■料金:3000円/1時間
■お問合:shana☆bg8.so-net.ne.jp
(☆を@に変えてご記入ください)

twitter

ラティーナ

珍しく、本を2冊買いました。
絶版になって諦めてた洋書絵本と、音楽情報誌ラティーナ。

絵本は小さな美術館だなぁー。
触発される色使い。

ラティーナはアイリッシュ特集。
新譜のレビューも載せて頂いていました。
毎回感じるけれど、おおしまさんは、音楽に織り込まれた作り手の想いをビックリするぐらい理解して受け取られる人だなぁと。ありがとうございます。
上のアニーさんの新譜が気になる。。

IMG_8673.jpgIMG_8674.jpgIMG_8623.jpgIMG_8624.jpg


Kevin Ryanさん

IMG_0584.jpg

アイルランドから来日ツアー中のアイリッシュフルーティスト、のレコーディングとライブ、それからシェフ中村さんによる素晴らしいお食事付セッションをご一緒させていただきました。

ライブは無伴奏ソロで1時間と少し。
沢山の曲を堪能しましたが、エアもダンスチューンも一曲一曲が、不思議なほど心を揺さぶられる演奏でした。
お人柄も素晴らしく、チャーミングで、待望のセッションも心ゆくまで楽しませて頂きました。
久しぶりにお会いした皆さんとのセッションは本当に楽しかった。

別れ際に、僕はハープが大好きだから一緒に弾けて楽しかった。あなたのハープは"Shin"だ!と言われたので、しんって何?って聞き返したら"New!New style!"
って仰って大笑い。ありがとうございました


続・スウェーデンな日

IMG_2370.jpg

今日は、4/30の、倫子&みどりん&私によるスウェーディッシュライブに向けてのリハがあり、美味しいSwedish Lunch を。

夜は、ツアーの疲れも残って身体ヘトヘトだったけど、なんとか時間を作って、来日中のMaria&Markus さんを訪ねたところ、和とスウェーデンのコラボディナーが!
チキンのブルーチーズ焼、極上でした♡

ディナー後、歌を教わったり、幾つかの曲を聴いて頂いたのですが、最後の曲でびっくりな展開に。

求めれば与えられるんだなぁ、なんて実感したスウェーデン漬けの1日でした^_^


IMG_6956.jpg

今年もありがとうございました。

仕事が完全に終わった28日より4日間、子供達の相手をしながら、やりたかったことを心の赴くまま順番に。
洋服を縫ったり、
ケーキを焼いて、料理して、掃除や整理して、そして結局曲作りをしています。
あっという間に夜型に…。
 

今年も沢山の方に助けられて、無事に終えることができました。
出来たコトも、出来ないまま持ち越しになったコトもあります。
個人的には、辛いことも幸せなこともいろいろありました。
年々、時間が経つのは速くなっているけれど、心は楽に、より生きやすくなってきた気がします。周囲の素敵な方々の関わりのお陰で、自分らしく生きる勇気を頂いています。
 

今年はいろいろなCDに関わらせていただきました。作品を作ること、コンサート企画も含めて…は、私にとって一番大切にしたいこと。作った何かが、手を離 れて誰かの元に届いていくこと、そのチャンスを与えて頂けることはとても幸せなことです。お世話になった皆様には感謝しています。ありがとうございまし た!
改めてそれぞれを振り返ってみました。

IMG_8747.jpg

4/12 発売、ドレクスキップの5枚目CD、Bifröst 〜虹〜
昨年の一連のコラボの取り組みがCDになったもの。レコーディングは昨年暮で、楽曲提供と演奏参加させて頂きました。彼らのライブが日常になっているファンの方々を目の当たりにして、音楽の喜びをたくさんの人に届ける理想的な活動を続けている貴重なバンドだと感じます。
野間くん、エモくんのスウェーデンから帰国後の活動に早くも期待が高まってます☆
 

5/13 発売、シャナヒーの過去の音源が生協「北欧の暮らしから」シリーズよりコンピレーション限定CDに。過去の作品に再び光を当てていただいたことありがたく思います。
 

6/17 発売、アイリッシュ系ユニットのコンピレーションCD、ケルトシットルケシリーズvol.4に、歌手、高野陽子さんの伴奏で参加させて頂き、ライブもご一緒しました。
大好きなケルト歌モノ、いつもとまた違う音作りを楽しみました!
そのあと、アイルランドからガリシアの巡礼の地へ旅立たれた陽子さんのお土産話、まだ聞けてません…>_<
 

9/20発売 hatao&nami としてのセカンドCDをリリースしました。
一作目を作りながら、同時に構想が出来ていたので、自分としては今までで最も短期間で仕上げたアルバム。
いつもピアノがなくても、音楽に合った素敵なカフェで演奏したい…という下心もあり(笑)ハープに限定し、一作目とは反対に柔らかな雰囲気が似合う音作りを意識しました。
お陰で今年はほとんどハープばかり弾いていたので、今は無性にピアノが弾きたくなり…来年はピアノもまた復活したいです。
 

10/18発売 東方アイリッシュ7「ファンタズム・フェスタ/floating cloud acoustic Band 」に参加。
噂には聞いていましたが、日本のみならず、中国など海外でも大人気のシリーズだそう。ピアノで二曲参加させて頂きました。
どの曲も聴き応えがあり、とてもかっこいいです!
試聴ページはこちら。
(私は1番と7番目曲に参加)

あと音源使用としては現在、北海道のco-opさんのテレビCMに、シャナヒーの「月の庭」が採用されており、
神戸の電力会社さんには、「空のポルスカ」を採用いただきました。
もう10年以上前の音源を使って頂けるなんて、これまたとても嬉しいことだなぁと思います。
 

来年はまず譜面製作の仕事から。締め切りを自分で設定してしまったのでプレッシャーですが、妥協なしで良いもの、役に立つものを作りたいです。
 

それから今年スタートさせた、北欧歌のワークショップを形にしていきたい。みなさま、どうぞよろしくお願いします(*^^*)
 

今年は英語を話す機会がほとんどなかったけど、今後また増えそうですし、改めて英会話もがんばらなくちゃ(来年こそ。。)
 

そして、一番の願いは、自分の周囲のみんなが、無理せず、自分らしく、心元気に幸せでいられること。
 

突っ走って、巻き込んで、ハタ迷惑なわたしですが、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
 

☆写真は今月の思い出です。
 

IMG_9072.jpg
あきちゃんとデュオで

IMG_9152.jpg
ちさとさんのお店からわたしのもとへやって来たサプライズの贈り物!

IMG_4495.jpg
シャナヒーでうめだ阪急百貨店にて北欧音楽ライブに出演
豪華なヒンメリと共演しました♪
IMG_3526.jpg
IMG_3527.jpg

IMG_5800.jpg
LA萌DIEの二回目の公演は京都府庁旧本館の素敵な建物

IMG_3514.jpg
一度行きたかったお店で、誕生日のお祝いをしていただきました!

IMG_3054.jpg
最後のライブは川西のトラットリア・マッシさんにて。
美味しい食事と音楽の忘年会コンサートになりました。
IMG_1546.jpg
IMG_8928.jpg
IMG_4697.jpg

一日遅れのクリスマス。。
IMG_5688.jpg

石見銀山・群言堂を訪れて

年を越す前に、書きたくてまだ書けてなかった話を。。
 

平成元年から20年間、60歳で亡くなるまで営まれた母の手芸店で、母が好んで取り扱っていたハンドメイドのブランドがBURA HOUSEでした。
このブランドは島根県の石見銀山のふもとの大森町というところで作られているのだと、ある時、母が私に説明してくれました。
展示会の案内はいつも趣向が凝らされたお洒落なもので、展示会の行われる石見銀山の地図を見ながら、母は、いつかここに行ってみたいと言って、案内状を大切にとっていたのを今でも覚えています。
 

母の店はなくなりましたが、5、6年ほど前のある日、hataoさんが「奈未さんにお土産!」と言ってプレゼントしてくれたのが、「群言堂の根のある暮らし―しあわせな田舎石見銀山から」という、松葉登美さんの本でした。
 

読んでいるうちに、これは母の言っていた石見銀山のあのお店の話だと分かり、偶然のことに驚いたのですが、さらに驚いたのが、hataoさんは学生時代の 自転車旅行の際に、この地で行き倒れ、たまたま通りがかって救ってくれたのが、この松葉登美さんだった、それ以来、hataoさんが創設した立命館大の サークル、出前ちんどんの合宿の地として長く交流を続けてきたのだということでした。
(今年も40人余りの学生が訪ねたそうです)
 

本の中に、hataoさんのエピソードも登場していて、何度となくここを訪れたhataoさんから、登美さんやこの群言堂の活動の素晴らしさを聞いてきたので、いつかチャンスがあれば行ってみたいと願っていました。
 

群言堂は、松葉夫妻が島根の過疎が進む町に根を張って、抜きに出たセンスを持ち味に都会へ優れた商品を提案し、地元に雇用を生み出している企業です。今で こそ、百貨店にも出店する有名ブランドに発展しましたが、そこへ至る苦労話を読むと、揺るぎない信念を持ったご夫婦の強さを感じます。
 

また、地元大森町では、取り壊される寸前のような古民家を自分たちの手で素敵にリノベーションし、手掛けた家はもう9件目だとか。
実は3年前に東京ツアーへ行った際、たまたま立ち寄った西荻窪の古民家カフェがあまりに素敵で感激したのですが、そのカフェも登美さんたちの手掛けた「Re:gendo(りげんどう)」だと分かり驚いたのでした。
http://re-gendo.jp

 

そんな中、11月に山陰アイルランド協会からの依頼を頂き、初めて島根県へ訪れることになったので、松江から一時間半の道のりもなんのその、松江入りする前にこの大森町へ向かうことにしました。

IMG_4812.jpg

IMG_0215.jpg

連休の初日でしたが人通りは少なめで、今まで見た何処よりも古い日本の街並みが美しく感じられました。

車を走らせながら、hataoさんが「今回は登美さんにアポイントとっていないから、会うのは無理だろうなあ」と言いったその直後に、なんと登美さんその人が、自転車をこぎながら、車の脇を通り過ぎて行ったのでした!
 

登美さんは通り過ぎてしまいましたので、まずは群言堂のメインの素敵なカフェに入り、ランチを。
母と祖母も来たかっただろうなぁ、連れてきてあげられたらよかったと…考えた瞬間にもう、涙が溢れてしまって大変でした。
 

その後、お店の方に声を掛けると、登美さんに連絡をとってくださり、忙しい方なのでご挨拶だけ…と思っていたら、いろいろな所へ案内してくださって、もうもう、感激でした。
 

特に本の中でも紹介されている、10年かけて改装したという阿部家の邸宅は、どこを切り取っても完成された美しさで、本当に素敵でした。
現在は1日に2組(だったかな?)限定の宿になっているそう。最高の贅沢かも。
外からは想像もつかない広くてモダンな事務所も見学させていただきました。
 

古い物を再生する、というのは人生のライフワークだそうで、まだまだ現在進行形なのだとか。そこにものすごく共感し、私自身、音楽を通して少しでもそのよ うな生き方をしたいと願っているのですが、登美さんの「もう従業員が100人にもなってしまった…」という重責が滲み出たひとことや、商売と文化を両立さ せるのは、なかなか厳しいことだと仰ったのが印象的でした。
 

それでも、やはり本当に価値あるものを人は見逃さず、集まるのだと感じるし、そう信じていきたいです。
 

貴重な時間を過ごしているうちに日は落ち、ひっそりと静かに佇む古い町並みは、別世界のようでした。
急いで大森町を後にし、一路松江へ。山陰アイルランド協会の皆様が迎えてくださる歓迎会へと向かいました。
 

翌日のワークショップからライブ、島根の皆様との交流、小泉八雲を訪ねた話も書きたい事いっぱい、こちらはまた別のページに。
 

写真のフクロウのポーチは、昔母から譲ってもらって、今でも使っているBura Houseのもの。思い出と共に、擦り切れてもずっと大切に使い続けるんだろうなと思います。
 

*FBのhatao&namiのページに、群言堂を訪ねてというアルバムを作り、他の写真もまとめてアップしています。


IMG_4738.jpg

IMG_5895.jpg
IMG_2281.jpgIMG_3225.jpg
IMG_1992.jpg


秋の楽しみ

今年は秋空の雲のうつろいに目が行きます。
秋を楽しみに五月山へハープ練習へ。

IMG_1103.jpg

10/24は、time blueにてhataoさんの北欧笛を愛する会?!熱い時間でした。
スウェーデン語のhimikoさんと歌も歌いました。
IMG_2578.jpg
IMG_2576.jpg
最後はもちろんセッションタイム♪

IMG_7852.jpg

そして先月は、まさかまさかの初めてのお仕事!
いつもライブとレッスンでお世話になっている奈良県橿原市のミュージックカフェ・アンジェスさんの箸袋のイラストを描かせて頂きました✨
好きでユルユルと描いてるだけなのに、誰かのお役に立てたなら、こんなに嬉しいことはありません…>_<
心も元気になるアンジェスランチ。
いつも、ありがとうございます。
 

先週は夜な夜なペンキ塗り。
昭和の歯医者さんの医療棚。
上下の棚を別にして塗ったので色合わせが難しくて何度かやり直したけど、やっと納得のいく色になったかな?
溜まっていた布や、毛糸、刺繍糸、ボタン、レース、ハギレ…細々した手作りのものを収納して、
ついでに他の部屋の衣替え、模様替えまでして、心もスッキリ。

IMG_3565.jpg
IMG_5862.jpg
 

素敵な3人の女性に会ってきました♡

忙しい合間を縫いながら、素敵な女性と語り合う夏の日々でした。
少し時間も出来てきたし、これからいろいろな方に会いに行きます!

7/27、奈良県宇陀市にあるアトリエ&カフェ 虫花風さんへ。

http://mukapu.com

ここは、フラワーアーティスト&空間コーディネーターである山田夏子さんのアトリエ。
自然豊かな広大な敷地にも驚きましたが、開け放たれた窓からの風も涼しくて、聞けば宇陀市は奈良の北海道なんだとか!

たくさんのお花に囲まれながら、手料理まで振舞っていただき、打ち合わせと言いながらお喋りにも花が咲いて、幸せなひと時を過ごしました。

夏子さんはこの場所を軸に、田舎と都会を繋ぐというコンセプトで発信されていて、素敵なイベントも企画されています。
いつかこの素敵な場所で音楽キャンプが出来たら〜♪と盛り上がりました。

IMG_0193.jpg

IMG_2090.jpg

IMG_1418.jpg
IMG_0586.jpg

7/31
CDの絵とデザインを担当してくださったLand Watanabeさんと打ち合わせ。
でき上がったジャケ絵の制作エピソードや込められたメッセージも話してくださって、感激でした。
物語があるってやっぱり素敵だなー!
でき上がったばかりのフライヤーとぱちり。
ありがとうございました!

IMG_4297.jpg

8/1
フルート吹きのいるかちゃんのお誘いで、京都のお祭りに出演してきました。
スタジオでCD最終作業の合間を縫って京都へ行き演奏して、焼きそばを食べてまたとんぼ返り。
バタバタでしたが、楽しい夏の思い出になりました!
これからスウェーデンへ留学されるいるかちゃん。
がんばってね!ありがとう!

IMG_9206.jpg

IMG_1806.jpg


 

ごはん

愛のこもった手作りのプレゼントを頂きました。
名前入りのカップ&ソーサー。
私の好きな緑と鳥。

早速、晩ご飯にスープを作ってみたら、いつもの味が不思議にやさしくて心に沁みました☺️

IMG_6733.jpg


こちらは月に一回の楽しみ、今月のアンジェスランチ。
先月からはコンサートとセットでワンプレートにリニューアルされました。


疲れてるとき、落ち込んでるとき。
たとえ食欲がなくても、美味しいごはんには心を癒し元気をくれます。
毎日のごはん、またがんばろって思えるひととき。

IMG_0684.jpg

こどもの日

IMG_0685.jpg

古い自分を捨て、新しい道へ。

空に羽ばたく鯉のぼりに誓って。


やわらかな器じかん

5/2 愛知県の常滑で作陶されている、阿曽 藍人さんの展示会に行ってきました。

柔らかな光、静かな佇まい…
三人の作家さんの研ぎ澄まされた器の数々…

すべてが溶け合って、時が止まったような豊かな午後を過ごしました。

阿曽 藍人さんのwebはこちら

IMG_8860.jpg

IMG_5159.jpg

IMG_4382.jpg

IMG_8561.jpg

IMG_6757.jpg

IMG_7402.jpg

IMG_3660.jpg

IMG_3424.jpg

| 1/10PAGES | >>